知らなかった!が見つかるサイト | OKWAVE Guide

更新日: 2014-03-25 12:41:56

仕事に「やる気がでない……」ときの対処法(前編)

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 10141

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zaha

「近頃どーにも仕事にやる気がでない……」
社会人ならみんな一度や二度、いやいやしょっちゅう(?)あるはずです。

もちろん学生や主婦だって同じ。
仕事も勉強も家事だって、やる気がでないときは出ないもの。

でも、やる気があろうとなかろうと、やらなきゃいけない現実は避けられません。
そんなとき真面目な人は、
「自分はなまけものなんじゃないか?」とか、つい自分を責めてしまったりして
さらに落ち込んでしまうこともあるでしょう。
ひどくなると「ウツ」の予備軍になってしまうかもしれません。

そこで今回は、そんな「やる気がでない」状況に陥ったときの対処法をご紹介したいと思います。
前編は「やる気がでない理由を知る」です!

「やる気」って?

「気」というくらいですから、「やろうとする」「気持ち」のことです。
よく「やる気をだせ」って言葉を使うけれど、「気持ち」ですから、
そう簡単に出そうと思って出るものじゃありませんよね。

やりたいことに対してならやる気は自然に出るものですが、
やりたくないことにやる気を出す、って本当に難しい……!
だってやりたくないんだもの!

「締め切りまでにやらないと上司に怒られるから」
「勉強しないと親がうるさいから」
そんなネガティブな理由(やらされてる気?)で嫌々やっている人も多いでしょう。


でも、どうせやるならポジティブなやる気で取り組みたいですよね!
ポジティブなやる気を出す方法、それは
「やる気が出ない原因をはっきりさせて、解消する」ことです。

まずはあなたの「やる気が出ない理由」をあきらかにしましょう。

■やる気がでない理由1)欲求を無視する

心と体はつながっています。
なんとなくやる気が出ないときはまず「心身の欲求が満たされているか?」を確認してみましょう。


【身体的欲求を無視していませんか?】
必要な栄養や睡眠が十分にとれていないと、やる気は出ません。
気合いでどうにか乗り切るのにも限界がくるはずです。


【精神的エネルギーを消耗しすぎていませんか?】
私たちは、決断することが多すぎると、たとえひとつひとつは小さなことであっても精神的なエネルギーを消耗してしまい、やる気が出なくなるそうです。
昔よりもずっと自由で選択肢が多い現代人は、実際これが原因でエネルギーをすり減らせてしまっているような人が多い気がします。
しかも情報過多の時代、SNSひとつでも「いいね!するかしないか」のような膨大な量の小さな決断を日常的にしていますよね。

■やる気がでない理由2)達成感がない

この理由、社会人にとっては特に多いと思います。

「学校内での成績」や「●●大学に入ること」……
学生の頃は、「良い学生として」のかなり明確な一定の評価基準がありました。
頑張れば頑張っただけ、たいていの場合、成績につながります。
成績がよければほめられるし自己評価もあがります。

でもそんなわかりやすい評価制度の学生時代から一変、社会人になったとたん、
「頑張っても正当に評価されない」「頑張っても何も変わらない」といった壁にぶちあたります。
そんな経験を繰り返していくうちに「自分の頑張った結果が何も生まない」と学んだ結果、前向きなやる気を保てなくなるのは当然といえるでしょう。


【社会的な評価が得られない】
会社の方針、上司との相性、仕事との相性など、置かれた環境によってはたとえ本人に才能があっても評価されないということがたくさんあるのです。
頑張っているのに周囲からの評価が得られなければ、やる気がなくなりますよね。
特に学生時代に勉強など本人の努力の結果によって、周囲からの評価で自己評価を高めてきたタイプの人にとっては、これまでのやりかたがひっくりかえされたみたいなものです。


【コントロール感覚がない】
「行動を起こす⇒その結果何かが変わる」というルールがたしかなものであれば、あとは本人の努力次第。

しかし社会人になると、↓こうなります。
「行動を起こす⇒その結果何かが変わることもある」
「行動を起こす⇒その結果何も変わらないかもしれない」

「仕事を必死に頑張ったけど、結局何も良い結果を生まなかった」という経験を繰り返した人は、自分次第で状況をコントロールできるという自信がなくなり、自分は無力であると思うようになりがちです。
「何をやってもムダ」と思えば、何かをしようという気も起こらなくなるでしょう。

■やる気がでない理由3)ホメオスタシスが働く

ホメオスタシスとは、「現状を維持しようとする心の自然な働き」です。

「ダイエットに失敗する原因」の多くもこれ。
「キレイになりたいという変化をのぞむ向上心」と「そのためにつらいことをするくらいなら今のままでいいという現状維持をのぞむ心」が、ひっぱり合いをしている状態です。

頑張れば出世できるチャンスのある環境で、一念発起してスキルアップのための勉強を始めたのに3日坊主で終わってしまうのは、こういった心の働きがあるからです。

現状を維持しようとする力が働いて、変化のためのやる気をなくしてしまいます。
何をやっても3日坊主で「自分は意思が弱い」と自己嫌悪に陥っている人も多いでしょう。

まとめ

さて、あなたの「やる気がでない理由」ははっきりしましたか?

次回は、「やる気が出ない理由別、やる気を出す方法」です★

▼仕事に「やる気がでない……」ときの対処法(後編)
http://okguide.okwave.jp/guides/70971

ライター:zaha8
Photo by zaha8

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

27

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...