更新日: 2013-09-10 16:02:37

JR東日本への『Suica』データ提供を拒否する方法(受付は9/25まで)

著者: uraco

編集者: uraco

閲覧数: 1897

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by uraco

最近話題となっている『Suica』利用データの他社への販売について、JR東日本がデータ提供を拒否する方法を発表しています。
「2013年9月25日までにご要望が合った場合は、既に提供された過去のデータにつきましても除外したものに差し替えます」とのことですので、自分のデータを販売されたくない場合にはデータ提供の拒否を行いましょう。
その方法について、お伝えします。

JR東日本PDF「Suica に関するデータの社外への提供についてよくいただくお問い合わせ 」より引用

どんな情報が販売データに含まれているのか

まず、どんな情報が販売データに含まれているのかを知りましょう。
他社へ販売される情報は以下と発表されています。

・乗降駅
・利用日時
・鉄道利用額、
・生年月(日は除く)
・性別
・SuicaID 番号を他の形式に変換した識別番号からなるデータ

データ拒否をする方法

■メールで通知
jogaiyobo@jreast.co.jp
に、Suica裏面に記載されている、JEから始まるSuicaの番号を送るだけです。

■電話で通知
03-5334-1655 へ連絡します。

========================================-
ご要望のお客さまには、お持ちの Suica に関するデータを社外への提供分から除外い
たします。
2013 年 7 月 26 日からご要望の受付を開始することとし、原則としてご連絡をいただ
いた日の翌月以降のデータの提供から除外いたします。
なお、2013 年 9 月 25 日までにご要望があった場合は、既に提供された過去のデータ
につきましても除外したものに差し替えます。
ご要望のお客さまにおかれまし
ては、ご本人がお持ちの SuicaID 番号(Suica 裏面の
JE から始まる番号)を本文に記した電子メールを、下記の電子メールアドレス宛にご
送信いただくか、下記の電話番号にご連絡いただき、同じく SuicaID 番号をお伝えくだ
さい。
電子メールアドレス:
jogaiyobo@jreast.co.jp
(随時受付)
※ 頂いたメールは自動で処理をいたします。SuicaID 番号以外のお問合せ等をいただ
きましてもご回答を差し上げることはいたしかねますので、予めご了承ください。
電話:03-5334-1655
(土日祝日・年末年始を除く平日 10:00~17:00)
================================================
JR東日本PDF「Suica に関するデータの社外への提供についてよくいただくお問い合わせ 」より引用

Photo by uraco

データ販売によって私達のプライバシーにどんな危険があるのか?
JR東日本は「個人を特定することが出来ないようにしておりますので、ご安心下さい。 」と氏名や連絡先が含まれないこと、特定のデータを長期にわたって追跡出来ないようにしていることなどを明示しています。

自分のデータが提供データに含まれているからといって、それが即、個人情報が誰かに知られてしまう、という事にはもちろん繋がりませんし、プライバシーが侵害されるような事態に陥る可能性は安全にデータがやりとりされている上では、考えにくいと思います。

ではどういう時に危険が振りかかる可能性があるかというと、情報漏えいの事故が起こってしまった場合です。データ内に氏名や連絡先が含まれていなくても、別のデータと紐付けて、個人情報に到達することが出来てしまうという可能性はゼロではありません。

万が一のことを考えて、万全を期したい方や、そういう可能性があると思うだけで気分が悪い…という方には、データ提供の拒否をすることをおすすめします。

まとめ

画像
1枚目 JR東日本「Suica」サイトより(http://www.jreast.co.jp/suica/
2枚目 足成(http://www.ashinari.com/2013/02/04-376013.php

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
uraco

既婚、共働きのアラサー主婦です。
自分と同じような、働く女性がもっと増えたらいいのにな…という願いを込めて「働く女性に役立つ」ガイドを書いていこうと思います。