更新日: 2013-08-22 22:03:36

ガソリンを安全に扱うためのポイント 携行缶の安全な取り扱い方法

著者: omoteura

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 4488

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by omoteura

ガソリンの取り扱いには十分な注意が必要です。
揮発性が高く、常温では常に引火する可能性があり大変危険です。

安全に取り扱うためのポイントをまとめてみました。

ガソリンの危険性

ガソリンは、マイナス40℃でも可燃性蒸気を発生させており、常温では常に引火する可能性があります。

ガソリンの蒸気は空気より重く、低所に溜まりやすい性質があります。

容器のフタを開けたままにしておくと、蒸気が漏れて遠くまで到達し、思わぬものが着火源となって火災が発生してしまいます。

横須賀市HPより引用

ガソリンの取り扱いには専用の携行缶が必要

消防法令により、一定の強度のある素材を使用することと、容器が制限されています。

灯油用のポリエチレンの容器にガソリンを入れることは非常に危険です。
ガソリンは静電気火花などのわずかな火種でも引火してしまいます。ポリ容器は電気を通さないので、ガソリンに溜まった静電気を逃がすことができません。そのため、放電して火災を引き起こす危険性があります。

必ず専用の携行缶に入れましょう。

ホームセンターやインターネットショッピング等でも購入可能です。

「ガソリン携行缶」Googleのショッピング結果

セルフスタンドでの容器の注入は禁止されています

セルフ式のガソリンスタンドであっても、自らガソリンや軽油を容器に入れることは、消防法で禁止されています。

携行缶から給油する際の注意ポイント

・火器、引火物がない環境で行う
・静電気を除去する
・直射日光・高温の環境を避ける
・蓋をいきなり空けない


減圧せずに蓋を開けると噴出する場合があります。携行缶には減圧用の調整ネジがついているので、必ず減圧してから蓋を開けるようにします。

ガソリン携行缶の取り扱いについて

パッキンの劣化がないか、キャップがちゃんと閉められているかをきちんとチェックしましょう。ガソリンが漏れたり、気化したガスが漏洩し、思わぬ事故につながる危険性があります。

利用の際は取り扱い説明書をきちんと読みましょう。

ガソリンの保管

ガソリンは揮発性が高く、火災が発生すると爆発的に広がります。
ガソリンを容器に入れて保管することは、極力控えましょう。

自宅で保管できる燃料等の数量には法令上の制限があります。
・ガソリン … 40リットル未満
・灯油 … 200リットル未満
・軽油 … 200リットル未満

上記の数量を超えて貯蔵する場合は、一定の安全性を備えた貯蔵倉庫や設備が必要です。

また、事前に消防署への届け出や市区町村の許可が必要になります。

車への給油時に「減圧」を手で行っていないけど大丈夫?


Q&Aの引用を読込んでいます。

まとめ

画像はWikipediaより

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

16

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
omoteura

ちょっと便利な小ネタを淡々と紹介していくよ。