更新日: 2014-02-12 12:46:57

願いを叶える!パワーストーンの選び方

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 3764

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zaha

パワーストーンの選び方、知っていますか?

あなたをサポートしてくれるパワーストーンですから、やっぱりきちんと選びたいですよね。
今回は、現役パワーストーンアドバイザーである私の、おすすめの選び方をご紹介したいと思います。

選び方1:願い事で選ぶ

やはり王道はコレ。
実店舗でもネットショッピングでも、たいていパワーストーンを買うときには、「パワーストーンの意味」や「パワーストーンの効果」という情報が記載されているはずです。

「たくさん意味があってよくわからない!」という方に、ざっくりですが簡単にパワーストーンの効果を見分ける方法をご紹介しましょう。
それは、「色」と「石の性質」です。

パワーストーンというのは多くの場合(もちろん例外もありますが)、その石の色で効果を分類することができます。

たとえば、ローズクオーツやインカローズのようなピンクの石は、「恋愛系」に効くとされる石です。
ピンク色は実際に女性ホルモンをアップさせたり若返りの効果があることが実証されていますよね。

また、シトリンなどの黄色い石は「金運系」、オニキスなどの黒い石は「厄除け系」であることが多いです。

さらに、赤い石は「血液に関係すること」、例えば血行をよくするとか、(血液=生理というイメージから)女性の健康を守る、などの意味があります。


石の性質によって、効果や意味がつけられているものもあります。

例えば、ダイヤモンドのパワーストーンとしての意味は、「持ち主の石を強くする」とか「永遠の絆」という意味が付されています。
これはダイヤモンドが地球上で最も硬い石であり、その硬さが「壊れることのない普遍的なもの」をイメージさせるからでしょう。

ダイヤモンドの次に硬いサファイアやルビーのグループも、やはり「強い意志」と「それによる結果」についての意味がつけられています。
(例:ルビーは「勝利」、サファイアは「目標達成」など)

選び方2:誕生石で選ぶ

Photo by zaha

ジュエリーショップでも見かける「●月の誕生石」というフレーズ。
そう、「誕生石」というのは、生まれた月によって国ごとに定められたパワーストーンです。
そしてこれは多少の違いはあるものの、世界的にだいたい共通しているものなんです。

▼自分の生まれ月の誕生石を調べる
http://www.love-bless.com/?mode=f1

また、例えば日本では9月の誕生石は「サファイア」ですが、8月の誕生石は「ペリドットとサードニクス」といったように、定められている誕生石は月ごとにひとつとは限りません。
複数の誕生石が定められている月生まれの人は、直感的に好きな方を選べばよいでしょう。

それでも、「自分の誕生石、どうしても好みじゃない……」という人は、星座ごとに定められた「星座石」や「干支石」で選んでみるのも一案です。

選び方3:デザインで選ぶ

Photo by zaha

単純に、好みのものを身に着けると幸せな気分になりますよね♪
だから、見た目で直感的に選んでもいいんです。

それに、人は無意識に「自分に必要なもの」を選ぶようにできていますから、いくらパワーストーンアドバイザーの人に「あなたの願い事にはこの石がいいですよ」とすすめられても、石の見た目や商品のデザインが気に入らなければ買うのはやめるべきでしょう。

見た目が気に入らないと、結局つけなくなったりしますよね(笑)


余談ですが、私がパワーストーンを使ったアクセサリーショップをはじめた理由も、そんなところからでした。
もともと子供のころからきれいな天然石が好きで、興味はあったのですが、なかなか「身に付けたい!」と思うようなデザインのものがなかったんですね。
可愛い系のファッションに、手元だけいかつい数珠ブレスレットをつけているのを良く見ますが、やはり違和感があります。

「パワーストーンの効果だけで選んで、自分らしくないものを身につけて、本当にハッピーになれるのか?」
そんな思いから、ジュエリーの仕事をしていたこともあいまって、「ファッションに合う、さりげなくつけられる大人のパワーストーン」をコンセプトに、アクセサリーをつくっています。
お客様もこのコンセプトに共感していただける「こだわりのある方」ばかりなので、オーダーメイドでご注文いただくことも多いです。

ちょっと宣伝!
▼「大人のパワーストーンジュエリー bless」
http://www.love-bless.com/

選ぶ上で大事なこと

これは実際によくお客様にお伝えすることなのですが、パワーストーンとして石を身につける上で一番大事なのは、「欲張りすぎない」ということだと思います。

特に、数珠タイプのパワーストーンブレスレットを買う際によく、「あれも、これも……」と効果別にたくさんの石をチョイスされる方がいらっしゃいますが、これは私はあまりおすすめしません。

というのも、例えば「元気になる石」と「落ち着きをくれる石」という正反対のエネルギーを持つ石を一緒につけた場合、それぞれの石の効果が相殺されてしまうと考えます。
一緒につけるのは絶対NG、とは言いませんが、「願い事は焦点をしぼった方がより叶いやすい」ということです。

また反対に、石の組み合わせによっては相乗効果が期待できる場合もあります。
パワーストーンの王様と呼ばれる「水晶」は、組み合わせた石のパワーを高める効果があるので、私も好んで組み合わせる石です。

いずれにせよ、パワーストーンショップの店頭で購入する場合にはお店にアドバイザーがいることが多いので、よく相談してから決めると良いでしょう。
でも最後は、あなた自身が「気に入るかどうか」、これにつきますよね!

あなただけの「お気に入りのひとつ」がみつかりますように(^^)♪

まとめ

Photo by 「大人のパワーストーンジュエリー bless(http://www.love-bless.com/)」


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

27

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...