更新日: 2013-08-07 13:13:43

Gmailの裏技!「送信メールを取り消す」方法

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 2491

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zaha

うっかり手がすべって、書き途中のメールを送ってしまった!
送信した瞬間に、違う相手に送っていることに気づいた!

などなど、ついやってしまう誤送信。

そんなとき、送信してから数秒以内なら「メールを送らなかったことにできる」機能が、Gmailにはあります。

Gmailとは

GmailはGoogleのメールサービスです。

スマートフォンユーザーはGmailを設定している人も多いと思います。
どんなデバイスからもアクセスでき、スパム機能が優れているので便利ですよね。

Gmail Labsとは

Gmail 内でまだ実装されていない実験的な機能です。

「ここにある機能は随時変更、中断、提供中止されることがあります。」
と書かれているとおり、安定的なものではありませんが、便利な機能をいち早く取り入れることができます。

今回はこのGmail Labsの中のひとつ、「送信取り消し」という機能を「有効」に設定します。

設定方法

Photo by zaha

まず、Gmailのアカウントを使っていることが大前提です。

Gmailにログインしたら、画面右上の歯車マークをクリックして、「設定」を選びます。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

上部のタブから「Labs」を選択します。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

機能一覧から「送信取り消し」という機能を探し、「有効にする」にチェック。

最下部の、「変更を保存」というボタンをクリックしたら設定完了です。

ためしてみましょう

Photo by zaha

メッセージを送信したあと、画面上部に「メッセージを送信しました」というお知らせがあらわれます。
ここにある「取消」というボタンを押してください。
これで「送らなかったこと」になります。

ただしこの表示は送信後、数秒以内しか有効ではありません。
その後は「取消」が表示されなくなるのでご注意を!
ちなみに、私がためしにカウントしてみたところ、8秒でした。

まとめ

便利な機能満載♪
ぜひためしてみてください(^^)

Photo by zaha8(スクリーンショット)

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

18

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...