更新日: 2013-05-02 17:34:58

早春!白樺の樹液の採取方法

著者: ryukaku-san

編集者: ryukaku-san

閲覧数: 575

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

知る人ぞ知る北海道名産!
ミネラルが豊富で、お肌にも、飲んでも、健康よいとされる白樺の樹液。

白樺は日本の高原を代表する木ですので、北海道だけでなく、長野県など広く分布しています。
北国の雪解けが始まる頃(3月下旬から4月中旬)に採取できます。

注意◆樹木の所有者の了解を得てから実施のこと!

STEP1 白樺の木に穴をあける

Photo by ryukaku-san


Q&Aの引用を読込んでいます。

30センチの直径の木で5センチほど、ななめ上に向けて穴をあけます。
穴は直径1センチほどで大丈夫です。

STEP2 穴にチューブを刺し、ペットボトルへ

Photo by ryukaku-san

調子のよい日だと1日で1.5リットルほど取れます。
チューブがとれてしまわないように、ひもで固定します。

STEP3 一旦放置で出直す際のポイント

・穴とチューブのすきまからポタポタ樹液が落ちるので、パッキン代わりにチューブに厚手のテープを巻いてから差し込む。
・直接日が当たるところではやらない。(樹液は日持ちしないのですぐに悪くなる)
・チューブとペットボトルの入り口付近に虫除けのシール等を張っておく。アルミ箔を巻いておくという人もいる

STEP4 白樺の穴にふたをする。

同じ穴のサイズのダボを刺したら、飛び出た部分を糸鋸できります。
コルクでやると簡単みたいです。

STEP5 持って帰った白樺の樹液は?

生だと2日しか持たないです。煮沸をすると1週間くらい。
ほんのりした甘味を維持したいならオススメは「冷凍保存」です。

化粧水にしたり、焼酎で割ったりしてたのしみます。
コーヒーにしてみましたが、私にはあんまり…という感じでした。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ハンディドリル、チューブ、ペットボトルまたはポリタンク
ビニールテープ、ひも、虫除け、ダボ、糸鋸。

ドリル、ダボ、チューブは口径をあわせておくとよい。