更新日: 2013-05-01 18:48:17

青森ねぶたにガチで参加する

著者: Jun

編集者: Jun

閲覧数: 770

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Jun

青森ねぶたは有名ですが、その楽しみ方は観るだけじゃありません。
担ぎ手以外のポジションでも参加できるんです!
ねぶたの楽しみ方ガイドです。

STEP1 青森ねぶたを観にいくなら


Q&Aの引用を読込んでいます。

★青森ねぶた公式サイト
http://www.nebuta.or.jp/

公式サイトでは有料の観覧席を販売してますが、4日と5日はやはり売り切れが早いようです。
若い方は立ち見でも問題なく見えるのですが、年配のご両親と一緒など事情のある方は有料席で座って見られる方が良いかもしれません。

STEP2 新幹線、宿泊予約


Q&Aの引用を読込んでいます。

青森近辺の宿も新幹線(全席指定)もあっという間に埋まります!!
行きたいと思ったらすぐ調べて予約をオススメします。

STEP3 当日のスタンバイ場所


Q&Aの引用を読込んでいます。

お祭り中はすごく混みます。
有料の観覧席を購入しないなら立ち見ですし、最初に全部見ておいてあとは屋台でご飯を買ってのんびり歩きながら人ごみの外から見るのもありです。

STEP4 ねぶた祭りに「はねと」として参加するなら

★はねと参加方法
http://www.nebuta.or.jp/sanka/2012sanka.html

★衣装のレンタル・販売元
http://www.nebuta.or.jp/sanka/2012rental.html

はねと、とはねぶたの前後で踊ってる着物の人たちのこと。
衣装のあちこちに鈴をつけてるので、ちりんちりん音がします。

これ地元民じゃなくても参加できるんです!!
衣装は地元の呉服屋などで着付け込みのレンタルがあるので事前に申し込んで当日時間までにスタンバイするだけ!
オススメです!一度は体験して下さい!!

すそをあげて止めるスタイルなのですが、若い子やかなり飛び跳ねる予定の方は短め、
年配の方やちょっと恥ずかしい方は長めひざ下にオーダーしましょう。
着付けの方が聞いてくれると思います。

STEP5 はねとの心得

はねとは観る側じゃなく魅せる側です。
踊ってなんぼです。

若い人は参加するからには弾けましょう。
知らない人と一緒に踊って知らない人に写真撮られましょう。

はねとの衣装についた鈴は踊ってると取れて道路に転がっていきます。
それを拾うと幸せのお守りになるという都市伝説?があるらしいのでガンガン踊ってガンガン落としましょう。

お祭りが終わってはねとの衣装のまま帰る時など衣装にまだ鈴が残っていると
ときどき子供に「鈴下さい」って言われることがあります。
迷わずちぎってあげて下さい。
自分で持ち帰っても意味ないです!たぶん!

ただ年配の方や子供も参加していて、ガンガン踊ってるエリアとのんびり歩きながらのエリアが出来てるので体力に自信がない方でも大丈夫です。
ベビーカーを押しながら歩いてる方も見かけます。

宿が取れたなら初日は見学、2日目ははねと参加がオススメ!
初日にはねとで出てしまうと翌日は筋肉痛でそれどころじゃないので…

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

4

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
Jun

週末はサッカー観戦です
ご当地ラーメン大好き