更新日: 2013-04-23 14:55:23

確実にフードコーディネーター3級をとって食品業界に復職したい!

著者: shim101

編集者: shim101

閲覧数: 979

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by shim101

最近になってようやく子育ても落ち着きそうな兆しがみえ、
「またフードビジネスに携わる仕事で働きはじめたい……」
そしてあわよくば、
「将来的には小さな飲食店なんかもできたら……」
なんて考えはじめているところです。

でもただ考えているだけじゃ夢で終わってしまうし、
旦那様も説得する実績が欲しい!

そこで手始めに「フードコーディネーター」の資格を取ることにしました。

http://n-academy.jp/human/foodcoordinator/

STEP1 【受講の目的】

現在は専業主婦であり一児の母親ですが、
もう少ししたら以前働いていた食品業界に復職したいと目論んでいます。

でも、ここ数年は主婦ブログなどで、
プロでもないのにとても素敵なお料理を作っている人が多いですよね。
料理はもちろん演出も写真もばっちり。
食品業界だけではなくて全体的にいえることかと思いますが、
プロとアマチュアの境目があいまいになってきているのかな?と感じます。

そんな中で、食の業界をはなれて長い私が復職するためにはやはり、
専門的な知識と資格は絶対に必要だと感じて。

そこで見つけたのがこの講座。
Nアカデミーの「フードコーディネーター3級」です。
ずっと気になっていた資格ではあったものの、
イメージで「テーブルコーディネートをする人」というものだと思っていたんですよね。

でもあらためてよく調べて見て、興味がわいてきました!

フードビジネスの業界で広く役立つ知識を習得するこの資格試験。
フードコーディネーターは将来性の高い資格だと感じました。

2級3級の併願という方法もあるようですが、
実際まだそこまで勉強のためのまとまった時間もとれないし、
いきなりというのはちょっと自信もないので、
とりあえず3級取得を目指したいと思いました。

[PR] “食”の民間資格。フードコーディネーターとは?

STEP2 【フードコーディネーターとは】

フードコーディネーターと聞くと、どんなお仕事を思い浮かべますか?

フードコーディネーターのお仕事は、大きくわけて以下の3つです。

1、食のイベント・メディア
2、食の商品開発
3、レストランプロデュース

私の勝手なイメージ「テーブルコーディネートをする人」というのは、
1のCM撮影などの場面でのテーブルコーディネートのことでした。

内容としては本当に多岐にわたっていて、
店舗設計、食空間の演出、加工食品開発、テレビやマスコミ・展示会、
テーブルコーディネート、フードスタイリング、食のイベント企画、
食品売り場の構成演出、フードマネジメント、市場開発、食の教育 などなど。

つまり、フードビジネスすべてに関わるのがフードコーディネーターであり、
食の専門家なんですね。

[PR] “食”の民間資格。フードコーディネーターとは?

STEP3 【試験の内容】

Photo by shim101

3級の試験内容は、フードコーディネーター入門レベルです。
「食」に関する幅広い知識が必要です。


【出題内容】
1、デザイン・アート、経済・経営
2、文化、科学
※調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師の免許を持っていると
 「文化、科学」の試験は免除されるそうです。

[PR] “食”の民間資格。フードコーディネーターとは?

STEP4 【受講のしかた】

この講座では、フードコーディネーター3級に受かるためのポイントをわかりやすく教えてくれます。

講座は、送られてくるテキストと動画で学び、次に要点がまとめられている講義レジュメを使い復習。
最後に模擬試験を行うという3ステップで試験の準備は完璧です。

3級は基本的な知識の取得が目的ですが、この基本をしっかり身に着けなければ応用もできません。
やるからには1級まで取得したいと思っているので、この段階で繰り返し学び基礎を頭に叩き込みたいです。

[PR] “食”の民間資格。フードコーディネーターとは?

STEP5 【受講してみて】

Photo by shim101

前半は「文化、科学」について学びます。

食の歴史を知ると人間のクリエイティブさに感動します。
日本料理ってあらためて色々あるんですね!

栄養知識や食中毒の知識、食品衛生対策など、母親である女性は
子どものためにもぜひ知っておきたいものだと思いました。


後半は「デザイン・アート、経済・経営」について学びます。

フードコーディネーターの主な仕事は、「料理を美味しく美しく見せること」。
そして、「飲食店のコンサルティング業務」、「メニュー開発」や
「食のイベント企画」などがあります。

損益分岐点の話などもありますので、経営を学んだことがない方にとっては
ちょっと難しく感じるかもしれません。
でも、フードコーディネーターはフードビジネスの最先端をいく仕事であり
食に関係する企業のコンサルタント業務を行うこともあるため、
経営知識やマーケティングセンスは絶対必要。

漠然とでも将来的にお店を開きたいと考えている人にとっては、
まず店舗運営の全体のイメージをつかむためにとても参考になりますので
この講座はおすすめできます!
小さなお店だと、プロに頼む予算もない場合が多いですしね。

一通り最後まで見てみましたが、私は「フードマネジメント」、
「メニュープランニング」、「企画・構成・演出」を学ぶ最後の章が
一番興味深かったです。

まとめ

Photo by shim101

正直、3級は広く暗記力が必要とされる内容が中心ですが、
ポイントをしっかり押さえた解説がなされていますので、
結構すんなり頭に入ってきました。

フードコーディネーターは「コミュニケーション能力、ネットワーク力、
チームワーク力、センス(構成力、企画力、発想力、演出力)」が
必要とのことですが、これは普段からの生き方があらわれる部分だからこそ
「自分磨き」がとても大切だそうです。

また、本格的に取り組むならカラーコーディネートや
フラワーアレンジメントの知識、さらに写真の知識なども必要だと感じました。

でも、幅広い知識を総合的に活かせる仕事だからこそのやりがいも大きいと思います。
マイペースにではありますが、まずは3級取得!
秋の試験にむけて頑張ります!!


※写真はナプキンのたたみかた「王冠」です。

トップ画像:Nアカデミー
他画像:shim101

http://n-academy.jp/human/foodcoordinator/

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

14

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
shim101

小学校低学年の子どもを持つ専業主婦です。
以前は食品関係の仕事をしていました。

最近はお花を育てることに興味があります(^▽^)
よろしくお願い...