更新日: 2013-04-18 13:46:39

住民税の計算の仕方

著者: uva-uvas

編集者: uva-uvas

閲覧数: 573

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by uva-uvas

住民税がいくらなのか、気になることってありますよね。でも算出方法が難しくって、めげちゃう人もいらっしゃるでしょう。順番に計算していきましょう。

STEP1 まず所得金額と所得控除額を出して、課税所得金額を計算しよう

所得金額は、総収入金額から給与所得控除額というのを引いた額になります。

そして、これとは別に、所得控除額の計算をしておきます。これは社会保険料控除額と生命保険料控除額と配偶者控除額と扶養控除額と基礎控除額の5つを足した額になります。

それから、さっき計算した所得金額から所得控除額を引くと課税所得金額が出ます。

STEP2 次に所得割を出そう

Photo by uva-uvas

先ほど出した課税所得金額を元に計算します。県民税と市民税を、課税所得金額の何%かというふうに、それぞれ計算します。この県民税と市民税を足します。この時100円未満は切り捨てになります。

そこから調整控除というのを引いて、所得割が計算できます。

STEP3 最後に所得割税額と均等割税額を足して完成です

所得割税額と均等割り税額を足すと、住民税の金額になります。

均等割税額とは、所得の大小にかかわらず均等に割られた税金のことです。2013年現在は一律年額4000円です。これに、先ほど計算した所得割税額を足したものが、その人の住民税の金額です。

まとめ

住民税の計算は難しいですが、順番に計算していくとよいでしょう。

Photo by:ASHINARI

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

7

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する