更新日: 2013-04-15 18:41:03

主婦の前に立ちはだかる、三つの税金の壁とは

著者: pomme_pomme

編集者: pomme_pomme

閲覧数: 870

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by pomme_pomme

社会復帰をしたはいいけど、「予想よりも税金が高かった」なんて不幸をおこさないために、前もって税金の知識を確認しておきましょう。

STEP1 主婦の年収によって税金はかわります

Photo by pomme_pomme

復帰して働き始めた主婦に立ちはだかる税金の壁が三つあります。
第一の壁は、所得税が課税され、配偶者控除がなくなる103万。
第二の壁は、夫の社会保険の扶養から外れ、保険加入義務が発生する130万。
第三の壁は、配偶者控除のラインを越えても、段階的に控除を受けられる配偶者特別控除が適用となる、141万円まで。

この三つとなります。

STEP2 バリバリ働くなら

「どうせ税金が発生するのなら、バリバリ働いて稼ぎたい」という人が気を付けておきたいことがあります。それが、年収141万円までは段階的に控除されている配偶者特別控除です。この関係で、130万~150万の間は手取りが少ない事態になります。バリバリ働くのなら、160万円以上を目指しましょう。

STEP3 パートで働く場合

「やっぱり夫の扶養に入っていたい」という人は、パートで103万の壁を超えないことをおすすめします。月収でいうと、およそ8万5千円です。年末には細かく計算しましょう。

103万を少しでも超えると、所得税が課税されるとともに配偶者控除がなくなり、ご主人の所得税額も上がってしまうので、要注意です。

まとめ

税金で損をしないように、しっかり年収を計算して、税額を確認しておく癖をつけましょう。

はじめに Photo by:モデルピース
ステップ1 Photo by:ASHINARI

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する