更新日: 2013-04-12 16:46:49

主婦の社会復帰!家族に配慮したいポイント

著者: pomme_pomme

編集者: pomme_pomme

閲覧数: 788

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by pomme_pomme

結婚や出産を機に仕事を退職した人も多いかもしれません。主婦が社会復帰をしようと考えた時に、家庭に配慮したい事を紹介します。

STEP1 社会復帰には家族の協力が必要不可欠

Photo by pomme_pomme

いざ社会復帰をしようと考えた時に、仕事と家庭の両立が可能かを心配する声も多く聞かれます。夫婦共働きの場合は、家事や育児をお互いに分担しないと、疲れて共倒れという可能性も。

社会復帰には、まず家族の協力が必要不可欠であると言えます。

STEP2 子供にかかるストレスを受け止める

Photo by pomme_pomme

子供がいる家庭、特に小さなお子さんを抱えている家庭では、仕事を探すのも一苦労です。乳幼児を抱えての職探しにお母さんも心が折れそうになる事もあります。

子供にとっても同じで、急に保育所や託児所に預けられるとストレスを感じます。子供の様子がいつもと違っていないか、普段から注意深く見守ることが必要です。

STEP3 家事・育児・仕事のバランスを考える

家庭内を円満に保つためにも、家事・育児・仕事のバランスを考えて社会復帰を計画する事がおすすめです。家事や育児を家族で分担できるないか考え、お互いに気持ちよく生活できる環境を整える事も重要です。

何のために働くのか、何が一番大切なのかをよく考え、社会復帰を計画してみましょう。

まとめ

企業との面接で、子供の有無や今後出産予定があるかといった質問をされるケースもあります。これらは、モラルハラスメントではありません。企業側も、人材を雇う際に考慮すべき内容として、質問しています。

はじめに Photo byペイレスイメージズ
ステップ1、2 Photo by:ASHINARI

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する