更新日: 2011-08-10 17:32:19

数値だけじゃない! 身長と体重のバランスを知る方法

著者: love-syoko

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1153

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by love-syoko

身長と体重の関係を数値で表す方法は、いくつかありますね。でも、数値だけがすべてではないことは、みなさんもご存じのことと思います。ここでは、その例を自身の例もまじえてお話しします。

STEP1 身長と体重の関係を表す計算式

「身長-100=体重」あるいは「身長-110=体重」が古くから利用されてきました。
それらの計算式の答えが、理想の体重とされてきたのです。

私の場合「159-100=59」あるいは「159-110=49」になります。

STEP2 計算式

現在では「BMI」つまり「Body Mass Index」という方法が主流です。
つまり「体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)=BMI指数」になります。
その計算式によって得られた答えのなかで、18.5~25.0までが普通体重だといわれています。
私の場合「秘密 ÷ 1.59 ÷ 1.59 = BMI指数」になるのです。 

そして、BMI指数が22のときが、もっとも病気にかかりにくいことがわかっています。 

STEP3 人によって違いもある

現実問題として、身長と体重の関係だけではその人の体格まではわかりませんね。

まったく同じ身長と体重の人の場合でも、骨の太さ、筋肉の付き具合などによって、見た目が全然違ってくるからです。

まとめ

標準体重より少し多めの人でも、筋肉質でがっしりタイプの人は、引き締まってみえます。
その逆に、数値でみる限りダイエットの必要性とはおそらく縁がない人でも、細い骨にお肉がたっぷり付いている人もいます。

また、上半身にお肉が付きやすい人は、体のバランスを保つためにも、あまり体重を増やすことはできないですね。

ちなみに、私は極細の骨で、しかも上半身にお肉が付きやすい典型的なタイプで、体重が増えると足腰を支えることができなくなります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

93

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

数値だけで判断しないで、自分の体型を知ること