更新日: 2013-03-21 13:44:47

人気・注目を集める!マジシャンになれる方法

著者: rensenblink

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 556

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by rensenblink

これは無条件に面白い!
受講というよりエンターテインメントを楽しむ感覚で、
次々と人を魅了するマジックが、自分でできるようになる!

すてきな講座をNアカデミーで見つけました。

http://n-academy.jp/maric/

STEP1 【皆んなを楽しませる「マジシャン」への憧れ】

Photo by rensenblink

身近なものですぐに出来る手品を、
ひとつかふたつでいいので覚えて、
何かの機会に誰かを驚かせて楽しませたい。

私も以前からそんな思いがあり、
子供の頃はいくつか練習した記憶があります。

でも、いざ本番になると、なぜかぎこちなくて、
すぐにネタがばれてしまう。
うまくいかなくて「自分は手先が器用じゃない」と
あきらめていたところがありました。

[PR]Mr.マリックが後継者募集中!?

STEP2 【あのMr.マリックが惜しげも無くネタを披露】

Photo by rensenblink

ここでご紹介するのは、Nアカデミーで見つけた
マジシャン養成スクール。
http://n-academy.jp/maric/feature/

あのMr.マリックが、マジシャンにしてくれる、
という講座内容に惹かれて、見てみました。

もしかしたら、ひとつふたつ手品ができるかもしれない、
始めはそんな単純な好奇心です。

ところが見てビックリ。
ひとつふたつどころではありません。
「手品を覚える」講座ではなく、
まさに「マジシャンを育てる」講座ではありませんか!

しかも、どれも分かりやすく、
ほとんどが、本当にすぐにでも自分でできるものでした。

[PR]Mr.マリックが後継者募集中!?

STEP3 【なによりまずエンターテインメント】

Photo by rensenblink

とにかく、見ていだけで面白い!
Mr.マリックのマジックですからそれも当然です。

講座という感覚よりも、
面白いマジックショウのエンターテインメントを観ている感覚で、
これは「受講料を払って勉強する」というより、
「エンターテインメントの連続物のレンタルビデオを借りて観ている」のに
近いと言えます。

その上、ネタややり方を覚えられる。

マジック好きにはたまらない講座です。

[PR]Mr.マリックが後継者募集中!?

STEP4 【そのエンターテインメントこそマジックの真髄】

Photo by rensenblink

この中で、Mr.マリック先生は、
マジックの一番大事なところを教えてくれていました。

それは「誰かを楽しませたい」という真摯な気持ち。
自分が人気者になるのは、もちろん快感ですし
練習のモチベーションにもなりますが、
それだけでは、実際に演じるときに、
なんとかうまくやろうという焦りにつながります。

なにより大切なのは「観ている人に楽しんで貰いたい」という気持ちで
誠意を持って取り組むこと。

エンターテインメントとして演じることでした。

ただ、ネタを知っていて見せるだけでは、
マジックは成立しない。

相手を喜ばせたい思い、
そのための演技力、演出力こそ大事だったのです。

[PR]Mr.マリックが後継者募集中!?

STEP5 【ネタを覚えることよりも工夫と努力】

Photo by rensenblink

「思いがあれば、手先が器用じゃない人ほど
より努力していいマジシャンになれる」と
Mr.マリック先生は語っています。

どのマジックも種明かしの後、やり方を教われば、
確かにできるようになります。
種を明かせば「なあんだそんなことか」と思えるものが多い。

しかし、マジシャンのように楽しく面白く、となると、
そこには意欲と努力が必要。

テクニックの練習は、まさにその部分を磨くところにあるようです。

[PR]Mr.マリックが後継者募集中!?

STEP6 【どうすれば楽しんでもらえるかが教われる】

Photo by rensenblink

例えば「手の中に何もない」ことを見せるだけでも、
雑にやるのではなく丁寧に演じると、
言葉で説明しなくても魅力的に意図が伝わる。

「どうすれば手品ができるか」ではなく、
「どうすれば楽しんでもらえるか」を教えてくれる講座です。

観ているが見たいものは何かを懸命に工夫すること、
人間はどういう順番で、どう演じると、どう思い込むかなど、
世界中の言葉の壁に関係なく活用できる、
まさに「エンターテインメントの真髄」。
そこのところこそを、
「そのための心構え」や「ポイント」「テクニック」として、
分かりやすく教えてくれる。

まさに「マジックを教える講座」ではなく、
「マジシャンを養成する講座」でした。

[PR]Mr.マリックが後継者募集中!?

まとめ

Photo by rensenblink

思えば昔、私が覚えようとしていたのは、
単に「手品のネタとやりかた」ばかり。

ほんとうに人を楽しませる練習を怠っていたことが、
本番でうまくいかない理由だったようです。

そして、このことは、単にマジックの披露だけでなく、
日々の生活や仕事にも応用できる、
とても大切な技能だとうことに、
あらためて気づきました。

「誰かを楽しませたい」という誠意ある真摯な日々の努力、
それこそが人間関係を良くし、
自らも人気者に成っていける、大事なポイントだったわけです。

とはいえ、そんな理屈抜きにも、
とにかく、内容が濃い!
見てるだけでも無条件に面白い!
とても価値ある講座です。

なにしろ、あのMr.マリックですから。

(Illustration by rensenblink)
画面は実際の講座からの引用

http://n-academy.jp/maric/

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

8

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
rensenblink

 「デジタルライフ」「家電」「エンターテインメント」のカテゴリーは、これまでの仕事での経験上から、いろいろとアドバイスのお手伝いができると思います。
 ...