更新日: 2013-03-19 15:56:32

iPhoneのバッテリーを劇的に長持ちさせる方法

著者: kopiko18

編集者: kopiko18

閲覧数: 438

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

iPhoneのバッテリーを劇的に長持ちさせる方法を案内しましょう。

印刷用のページを表示する

1、「設定」→Wi-Fi の設定をOFFにしておく。
2、「設定」→Wi-Fi →「接続を確認」をオフにしよう。
※Wi-Fi(無線LAN)を起動させた状態にしておくと、iPhoneが自宅や公衆の無線LANの電波を探し続ける状態になってしまうので、使わないときはできるだけ切っておくのがいいです。
3、「設定」→「通知」→通知センターで表示するAppは控えめに。
4、「設定」→「一般」→「位置情報サービス」をオフにしよう。
※マップを使わない間に、位置情報を常に取得しているので多くの電力を消耗します。
5、キャリアの自動選択をオフにしよう。
6、iCloudやFaceTimeはあまり使わないなら、オフにしよう。
7、「設定」→「一般」→「情報」→「診断/使用状況」を送信しないように設定。
8、「設定」→「一般」→「Bluetooth」の設定をOFFにしておく。
※Bluetooth は、ワイヤレスでの通話を可能にする機能ですが、使わない時は待機状態となっているため、こちらも使わないときはできるだけ切っておくのがいいです。
9、 Spotlight検索にはApp以外の項目にチャックを外せよう。
10、「設定」→「一般」→ 「自動ロック」の設定を短くしようで、設定を1分にする。
11、設定>明るさ>調整して真ん中ぐらいにし、画面の明るさを控えめに。
12、PCがあれば、動画のアップロードやアプリの更新などはPCで行う。
※iTunesより操作シンプル、スピード早いMoboroboをお薦めします:http://jp.moborobo.com/

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

3

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する