更新日: 2013-03-13 13:16:07

会社を円満退社するために気をつけるべき7つの事

著者: aco

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 3665

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by aco

社会人経験が長くなればなるほど、前職、前々職の会社での経験や一緒に仕事をした人たちとの関係は財産といえるほど大事なものになってきます。

今までに何回か転職をしてきた、私自身の経験をもとに、円満退社するポイントをお伝えします。

STEP1 退職希望日の1ヶ月半〜2ヶ月前までには申し出る

Photo by aco

法的には退職を希望する日から2週間前までに勤務先に伝えればよいことになっていますが、円満退社をしたいのであれば2週間前では遅すぎます。

会社はあなたの業務を別の人に引き継ぐために、後任者を探さなくてはいけません。場合によっては、新しく採用をしなくてはならないでしょう。また、会社からの引き留め交渉があることも考えられますので、1ヶ月半〜2ヶ月前までには退職の意思を伝えましょう。

「退職希望日の◯ヶ月前までには申し出ること」等、社内規定で定めていることもあります。自分の都合だけでなく、社内規定もしっかり確認することが必要です。

STEP2 「退職届」の前に直属の上司に報告

Photo by aco

テレビドラマなどでは、いきなり退職届を出すようなシーンをよく見ますが、実際にはこれは非常識です。

まずは、直属の上司に退職したい旨を伝えましょう。直属の上司を通り越して、社長や役員といったさらに上の立場の人に話すのはタブーです。

直属の上司とのトラブルがあったのでは?と思われたり、上司のマネジメント能力が疑われる恐れもあります。

日頃お世話になっている上司に迷惑をかけないためにも、まずは最初に直属の上司と話し、退職の意思を受けて入れてもらってから、退職届を会社へ提出するようにしましょう。

STEP3 退職することを、むやみに同僚に話さない

Photo by aco

日頃一緒にランチを食べている同僚や、仲の良い後輩などの同僚についつい話してしまいたくなりますが、正式に社内通達がされる前に同僚に話すのは避けましょう。

「ここだけの話」のはずでも、社内の噂は思ったよりも早く広まってしまうものです。

噂から、取引先や意図しない相手にも伝わってしまう可能性もあります、無用なトラブルを避けるためにもむやみに同僚に話すことは控えるのが賢明です。

STEP4 取引先へ伝えるタイミングは上司と相談

Photo by aco

あなたが担当している社外の取引先へも、自分の判断だけで伝えることは厳禁です。

担当者が代わることは、会社と会社の取引においては重要な事です。後任がしっかり決まらないうちに伝えてしまうと、会社の信用問題に関わることもあります。

あなたが退職した後も、会社同士の関係は続きます。
取引先に、いつのタイミングで、どういう風に伝えるかは上司と相談の上で決めましょう。

STEP5 引き継ぎは「資料」を残す

Photo by aco

業務の引き継ぎはきちんと行いましょう。

些細な業務でもマニュアルをつくったり、引き継ぎミーティングを行った場合には議事録を残すなど、あなたが退職してしまった後でも不明点が発生することの無いように目に見える形で残すことをおすすめします。

可能な限り、「これさえ読めば誰でもわかる」ぐらいの詳細な資料を残しましょう。

STEP6 退職の挨拶は「対面」が基本

Photo by aco

社内外問わず、退職の挨拶はメールや電話等ではなく「対面」で伝える事が基本です。特に、お世話になった人へは今までのお礼も含め、可能な限り会うようにしましょう。

ただ、社員数が多い、事業所が遠い所にある、一度営業であったきりの人…など全ての人へ会いに行くのは、実際問題は難しいと思います。

その場合にも、個別に手紙やメールを送る、電話をするなど、くれぐれも伝え漏れが無いように注意してください。

STEP7 次の会社名は退職までなるべく伏せておく

Photo by aco

どうしてもという場合を除いて、自分から次の会社名をおおっぴらに言うことは避けましょう。

今までの経験を生かした転職であれば、同業界や同業種の会社である場合が多いと思います。特に競合他社へ移る場合、今いる会社の人たちにとっては、あまりいい気はしません。

また、企業の採用活動は、その会社の経営戦略とも関わってくる部分が多いため、次の会社に対して迷惑がかかる事も考えられます。

現在の会社との関係だけでなく、今後のことも考えると不必要に会社名を公表しないほうが賢明です。

まとめ

社員が辞めてしまうことは、会社にとっては大きな損失です。あなたが抜けてしまう事で上司や同僚には実務的、精神的な負担を強いることにもなります。

自分の都合だけでなく、送り出してくれる上司や同僚に迷惑をかける事が無いように十分に留意して、退職手続きを進めましょう。

photo by
model.foto(まえがき、STEP1,7)
PAKUTASO(STEP3)
足成(STEP2,4,5,6)

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する