更新日: 2013-03-05 20:54:33

【マネー】給与明細の正しい見方

著者: 吉田 喜彦

編集者: 吉田 喜彦

閲覧数: 932

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Damian Gadal

給与明細っていろいろな項目があって分かりづらいですよね。それでも基本的な原理を理解すればすぐに納得がいきます。ポイントをしっかり抑えましょう。

あながもらえるお金は、基本的に次の2つで構成されています。

・会社からもらったお金
・あなたが社会人として収めなければいけない税金

その差引がいわゆる手取りと呼ばれ、あなたが実際に受け取る額です。前者を「支給額」後者を「控除額」と言います。

ですから、わかりやすく言い換えるとこうです。

・支給額=働いてあなたが稼いだお金、会社からもらえます。
・控除額=そこから、あなたは税金などの公共のためのお金を納めます。
・手取り=税金などを払って「余ったお金」

で、更にざっくり言うとこうです。

「おー、こんだけ稼いだんか!じゃあこの中から先に税金とか払っといて!俺、その余った分だけもらえればいいから」と。

支給額には大きく2つの項目があります。

・給与
・手当

そして、手当にもだいたい2種類あります。

・働いた結果もらえる手当
・住宅に補助されるなど、あなたの置かれてる立場などに対する手当

給与は、会社が決めた基本的な報酬です。これを元にボーナスなども算定される重要な額です。ただ、これはそうそう変えられません。基本的には就業規則などで決められており、会社の業績が悪くてもそうそう変えられないため、低く設定されることも多いものです。

一方、手当は基本給に対してプラスされるお金です。これは、残業代だったり、遠方に出張に行った時の出張手当だったり、危険な作業をしたときの危険手当だったり、基本業務以外の困難な業務を行った時にプラスされることが多いです。

一方、住宅手当や通勤手当、家族手当など、あなたの立場を考慮してプラスされるお金が、これらの手当です。ただこれらはあくまで社員側の事情ですので、会社の売上には本来関係がありません。ある意味同情手当です。ですから、会社によっては一律3万円などとシビアに上限を決めているところも多いです。

控除とはあなたに変わって会社が納めてくれている税金や保険料

さて、この控除が多くの方が不思議に思うものだと思います。そもそもなぜ控除されるのかを理解しなければならないでしょう。

控除とは、支払われる給料のなかから、本来その人が収めなければならない税金などを、先に収め、国や自治体などがとりっぱぐれのないようにする仕組みのことです。これが控除と記載され、一般的には「天引き」と呼ばれるお金です。

つまりサラリーマンやアルバイトで、給与をもらう人は必ず引かれるお金なのです。引かれるといっても、あなたが本来納めるお金ですので、代わりに納めてもらっていると言えます。

この仕組みがないと、あなたが自分で役所や銀行にいって、税金や保険料を払わないといけないので面倒は面倒です。私たちは働いている以上税金や保険料を払い、社会全体にも還元しなくてはならないと定められています。

税金には国と地方、保険には健康、年金、雇用とがある

さて、その「天引き」されるものにも、次の2つがあることを理解しましょう。

・税金
・保険料

実は、私たちが納めなくてはならないお金には、この2つがあり、更に給与からは以下のようなお金が、あなたに変わって毎月支払われている(引かれている)のです。

・税金
 ・国に対して払う所得税(国のことに使われます)
 ・住んでいる地域に払う住民税(道路など地域のことに使われます)
・保険料
 ・あなたが万一失業した時に払われる一時的なお金に対する失業保険料
 ・病院にかかったときに基本7割を負担してくれる健康保険料
 ・退職をして老後に支払われるであろう厚生年金
 ・その他(財形貯蓄、退職金積立、・・・などなど)

その他は、会社によって名目も項目も違いますが、基本的には福利厚生やあなたの退職のために引かれることが多いと考えればよいでしょう。

とは言いましても、現状そのお金からすでに退職した人の年金などが払われたり、会社が存続していなければそれがもらえなかったりと、税金や保険料以外のものは自分のものではない、とくらいに考えておいたほうが、精神衛生上は良いでしょう。

まとめ

まとめ

私たちは生きていく上でお金が必要です。そのお金を会社に労働を提供し、その対価として給料をもらいます。その中で、基本給以外にあなたに対して払われる手当と、労働に対する手当とがあるわけです。

しかし、それ以前に国民である以上、税金や保険料を収めなくてはならないわけで、それらを会社があなたに変わって払ってくれている、それが天引きであり控除なのです。

地域はあなたの税金で出来ています。図書館や公共施設などほんと使わないと勿体無いですよ!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

関連タグ:

omoteuraさんのコメント

2013/03/06 12:51:14

いつも振込金額しか見ていませんでした!
あらためて、きちんと明細をチェックしてみます^^
わかりやすいご説明、ありがとうございました~

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
吉田 喜彦

教職課程大学講師を経て、現在は企業研修などを行う会社を経営しています。育児から起業、ビジネススキル、マーケティングなどの記事をよく書きます。自著のAmaz...