更新日: 2013-03-05 13:29:44

知っていれば悩まない!ママ友のメールマナー <大事な連絡編>

著者: isily

編集者: isily

閲覧数: 7012

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by isily

子供が生まれるとママ友とのお付き合いも出てきます。

特に幼稚園や小学生になると、連絡網で連絡を回す時などに、携帯などのメールが大活躍することになるのです。
でも、このメールがきっかけで気まずくなったり、喧嘩に発展したり、トラブルの種にもなりかねません。

ママ友の連絡メールには、ママ友ならではのメールマナーを守らないといけないのです。

STEP1 【初めてのメール】

Photo by isily

ママ友の場合、子供の下の名前で呼ぶことも多く、「○○ちゃんのお母さん」「○○くんママ」という覚え方のため、苗字を知らなかったりすることもあります。
そのため、メールアドレスを交換したときなど、初めてメールをする時には、必ずタイトルや本文に「○○の母の○○です」のように、自分の子供の名前を明記して自己紹介しましょう。
母の部分は、相手との付き合い方などで「ママ」などでもOKです。

学校のことなど連絡内容があれば、タイトルにはその内容を、メールアドレスの登録連絡だけであれば、「○○の母の○○です」とタイトルに入れると、相手にわかりやすいです。

ビジネスメールのように文字ばかりにすることはありませんが、親しい友人と呼べるほどの付き合いではないので、顔文字や絵文字の多用は避けたほうがよいでしょう。

STEP2 【連絡メールを入れるとき】

Photo by isily

専業主婦と勤めている人では電話連絡できる時間が異なることもあり、緊急連絡網だから電話したのにずっと留守電で繋がらなくて困ったということがあります。
こういった場合にもメールなら内容も残りますし、お互いに助かるものです。
その反面、メールだと緊急性が伝わらず、期日までに読んでいなかった、次の人への連絡が遅れた、などのトラブルにもなりますので、注意が必要です。

大事な連絡の場合は、タイトルに「緊急連絡網」や「重要」といった言葉を入れたり、本文に「何月何日何時までに返事が必要」「急いで次の人に回してください」といった一文入れたりすることを忘れないようにしましょう。
また、文章は必要なことは箇条書きにして、大事なことが伝えもれしないように気をつけます。

読んだことを確認する必要があれば、期日時間を指定して返信をお願いして、それまでに連絡がなければ確認の電話をするようにした方が間違いありません。

STEP3 【メールの例文】

朝、学校から提出物についてのお知らせを出すお願いが連絡網で回ってきたときの例文です。

---------------------------------------------
<タイトル>
提出物について○小の連絡網です

<本文>
おはようございます。
(子供の氏名)の母の(苗字)です。
○小の緊急連絡網が回ってきました。

○○について、提出期限が○日までになっているので忘れないように提出してください。
とのことです。

次の方への連絡をお願いします。
(署名 もしくは 自分の苗字)
---------------------------------------------

最初に、挨拶、誰からのメールなのか、何の連絡が回ってきたのかを明記しましょう。
大事な用件については、一行空けて、回ってきたとおりに連絡を伝えます。
期日が決まっているものは、明日などではなく、○日と具体的な日時を明記した方が間違いありません。
最後に、その連絡を誰に回すのか、回さないのかなどを明記して、一番下に署名をつけましょう。

最後に署名を入れるは、メールの基本マナーです。

STEP4 【転送メールの活用】

同じ内容のメールを連絡網などで回す場合、転送メールの利用が便利です。
ただし、転送メールの場合送られたメールだけをそのまま次の人に送ると誤解が生じることがあるので、内容のチェックが必要です。

転送する場合は、挨拶の後に
「○○についての連絡があったので、転送します」
と一言付け加えて、どこからが転送された内容なのかわかるようにします。
また、転送内容に
「私に連絡を下さい」
などの返信の必要がある場合、受け取った側が誰に連絡するのか混乱してしまうので、
「○○さんからのメールを転送します。連絡は○○さんにお願いします。」
と明記しましょう。

STEP5 【注意しなければいけないこと】

Photo by isily

連絡網などのメールは、学校や幼稚園から言われている連絡のあり方をきちんと把握した上で利用するようにしましょう。
学校側から「電話で連絡」「留守の時は次の人に回す」と言われているのに、相手と話し合うことなくメールで用件を投げっぱなしでは、連絡が回らなかったとき皆に迷惑がかかります。
電話をして、連絡がつかなかった時はメールするようにする、仕事をしているので電話ではなくメールにして欲しい、など連絡網の前後の人たちとの事前にどうするか話し合っておくことが大事です。

また、メールを読んだ、次の人に回したといったことを報告するのか、しないのかなども話し合っておいたほうがいいでしょう。
返信しないのは礼儀がないと言う人もいれば、いちいち返信されるのは迷惑という人もいるので、相手に合わせて臨機応変に対応したほうが間違いありません。

そして、メールだからといって、深夜や早朝に連絡するのはやめましょう。
どうしても回さなければならない緊急連絡の場合、なぜその時間にメールしなければならなかったかという理由と謝罪を一文入れることが、トラブル回避につながります。

まとめ

Photo by「写真素材 足成」より

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

20

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
isily

isilyです。

実は私、女性の1000人に2~3人といわれる流産を繰り返す不育症患者でした。
投薬治療や手術で、苦節7年、病気を克服して、200...