更新日: 2013-02-26 19:05:55

大人女子の「女子会」のお店の選び方

著者: zaha

編集者: zaha

閲覧数: 1264

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by zaha

女性はいくつになっても女子!
というか、私自身はちょっと使うのが恥ずかしかったりするのですが、最近は女性同士の集まり=「女子会」と呼ぶことがふえました。

そこで、私自身の経験をもとに、女子会の際、みんなが楽しめるお店の選び方をご紹介します。

参加者みんなの生活スタイルを考える

男性よりも生活スタイルが多様な女性。

A:アルバイトで働いている女性。
B:独身で、定時には終わるような仕事をしている女性。
C:独身でも深夜まで残業して、バリバリに働いている女性。
D:独身で子どもを育てている女性。
E:結婚して家事に専念している女性。
F:結婚して扶養控除内で働いている女性。
G:結婚してもフルタイムで働き続けている女性。
H:結婚して子どもがいる女性。

同じ学校を卒業した友達同士でも、卒業後の生活スタイルはこれほどに違ってくるのです。


【時間の都合】
A、B、E、Fの女性なら比較的時間の都合はつきやすいかもしれません。

でもC、D、G、Fの女性は、「土日しか無理」「遅い時間帯でないと」といった制約が出てくるのではないでしょうか。

バリバリ働いている女性の場合なら、せっかく予約をしても急な出張でドタキャンせざるを得ないといったこともあります。
深夜まで残業して、翌日午前中のブランチ女子会なんてちょっときついです。
子どものいる女性に合わせて早い時間に解散してしまい、「もっと色々話したかったのに……」と思うこともあるでしょう。
予約のキャンセル料がかからないプランや、時間制限のないお店を選べば、忙しい女性も気楽に参加表明ができますね。


【金銭的な都合】
独身時代は自由に使えたお金も、結婚すればそうはいかなくなります。
子どもを育てている家はやっぱりお金がかかりますから、安定した収入があっても節約志向になるのが一般的でしょう。

フルタイムで働いている女性なら
「普段頑張っているんだから、こんなときくらいいいお店へ……♪」
という気持ちになるかもしれませんが、
専業主婦やあまり収入のない女性の場合、自由に使えるお金が限られています。
「みんなと会いたいけど、高いお店だとちょっとなぁ……」と思ってしまいがちです。

私自身、独身時代がむしゃらにフルタイムで働いていたときと、結婚して夫の扶養に入って働いている今とでは、収入も数分の1くらい。
当然、旦那様の目もありますし、女子会の平均予算も半分以下を目安にお店を選ぶようになりました。

でもやっぱり、今でも独身の女友達たちと会うときは彼女たちの金銭感覚でちょっといいお店を選びがちなので、友達には会いたいものの、行きたい気持ちにちょっとブレーキがかかるのも事実です。

この「時間」と「金銭感覚」のずれこそが、ライフスタイルの異なる女性同士が集まることの難しさなんですね。

女子会は「集まるみんなにとって無理のない時間帯とお店」を選ぶことが大切です。

好き嫌いを考える

Photo by zaha

数人で集まる場合、「みんなが大好きなものがひとりだけ苦手」ということもあるでしょう。
ホルモンとか、珍味とか、ナマモノとか……
ベジタリアンならお肉全般がダメかもしれませんし、その逆で「野菜が嫌い!」という人もいます。


もしも苦手なジャンルの専門店などを提案されてしまい、みんながすごく乗り気になっていたら……
そんなときはなかなか言い出しにくいものですが、思い切って伝えましょう。
お店を選ぶ前に、苦手なものを伝えておくのもひとつの手です。

嫌いなもの、食べられないものというのは、本人にしかわかりません。
好きな人は、「なんでこんなに美味しいものが食べられないの?」「食べてみたらおいしいって!」と思ってしまいがちなので……笑

料理の好き嫌いが出そうなジャンルのお店が候補にあがったときは、たとえ自分が好きだったとしても「苦手な人いる?」など、ひとことフォローしてあげられるのが素敵女子ですね!
専門店ではなく、いろいろなジャンルが選べるお店を選ぶのもおすすめです。


さらに、お酒が飲める女性と飲めない女性とでは、お店選びが違ってきます。

お会計時に不平等感が出ないように伝票を分けるとか、いっそ飲み放題にするなど、
まったく飲めない人と、ワインボトルを何本も空けるような人がどちらも楽しく過ごせるためのちょっとした工夫を。

飲めない人からは言い出しにくいことが多いので、飲める人が気を回せる余裕が欲しいところです。


ちなみに私の場合、2年前に生の魚介類の中にいる寄生虫にアレルギーを発症しました。
好きなのに食べられないという状況です。
よく会う友達はみな知っているので、魚介類がメインのお店は避けて選んでくれますが、やはり自分からは言い出しにくいもの。
私ひとりのために、食べたいみんなに気を使わせてしまうなら、いっそ不参加の方が……と参加を躊躇したりします。

前の項でも書いたように、制約の多い方にあわせる気遣いができるのが「大人女子の女子会」です。

雰囲気や居心地を考える

にぎやかな雰囲気が好きな女性もいます。
個室が好きな女性もいます。

長期戦が予想されるメンバーでの女子会なら、椅子のすわり心地を重視して選ぶのも良いでしょう。

喫煙者の多い女子会の場合でも、たばこを吸わない人がひとりでもいれば、周りの席からの副流煙も考慮して、禁煙席を選ぶのが優しさです。
(いくら本人が「大丈夫だよ」と言っても、吸わない人は煙に敏感なのです!)
逆に、一人だけ喫煙者の場合などは、喫煙スペースをチェックしておいて教えてあげるまでできれば完璧!

まとめ

みんなでわいわいする女子会は楽しいもの。
だからこそ「大人女子的お店選び」で、女子会をもっともっと楽しい時間にしたいですね!

Photo by 写真素材 足成

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

14

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
zaha

ライター、占い師、パーソナルカラーを使った美容系のパーソナルアドバイザーなどなど、色々な肩書きで色々なことをしています。
大人のパワーストーンジュエリー...