更新日: 2015-01-26 16:10:17

男性必見!職場でのバレンタインチョコの受け取り方

著者: uraco

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 5981

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by uraco

今週はバレンタインデーですね。
本命の彼女や気になるあの子からもらえるかどうか…はさておき、職場では年中行事のようにバレンタインが行われていたりしますよね。

チョコレートを受け取る時のあなたの振る舞い、女性社員はちゃんと見てますよ。
何気なく受け取ったその態度で、あなたの職場での印象がガラリと変わってしまうことだって大いにありえます!

チョコレートをくれた人にちゃんと感謝を伝えつつ、あなたの職場での印象をアップする「正しいチョコレートの受け取り方」をお教えします。

その前に、絶対NGな受け取り方ワースト3

Photo by uraco

どうせ義理チョコでしょ?なんて思ってませんか!?あなたのその気持、態度に出てしまっているかもしれません。

職場でバレンタインチョコレートあげたことのある女性の方々にリサーチしてみたところ、イラッときた態度ワースト3はこちら。

1.無言で受け取る
2.会釈のみ、もしくはお礼は言うが心がこもっていない
3.もらったチョコレートの批評をする

義理でもなんでも、お店まで足を運んで買ってきたという事実は変わりません。「自分のために時間とお金を使ってくれたんだ」と思ったら、感謝の気持ちも湧いてきませんか?

お礼の言葉はすぐに!少し大げさなくらいがベスト

Photo by uraco

どんなにささやかなものでも、その他大勢の男性社員と同じものであろうと、そして100%予想していたことであろうと、女性はサプライズするのもさせられるのも、男性以上に大好きです。

チョコレートを受け取ったら
1.間髪入れず、まず驚く (「マジで!」「うわ~」)
2.その流れで、少し大げさなくらい喜ぶ(「嬉しいなあ~」「すごいですね!」)
3.最後に、おおきめの声でお礼(「ありがとう!」)


文字で書くとあたりまえなことに見えますよね。
この「あたりまえ」が出来ていないあまり、世の女性達をイラッとさせていることをお忘れなく。

Photo by uraco

「ありがとうメール」を送る!連名チョコの場合もしっかりお礼を
さらに、簡単でもかまいませんのでメールを1本送ると、更に好感度UPです。

あなたが営業マンなら、お客さん先で「ありがとうございました」と言って帰ってきたとしても、会社に戻ったら「今日はありがとうございました」というメールを送りますよね?

それと同じです。

特に、部署の女性社員全員から連名チョコの場合には、代表者が渡しに来ることがほとんどだと思いますので、きちんと全員宛に「ありがとうメール」を送りましょう。

もらったチョコレートはデスクの引き出し、もしくは鞄にしまう

Photo by uraco

すぐに食べないのであれば、もらったチョコレートはデスクの引き出しか鞄にしまい、その日の内に食べるか、家に持って帰るかしましょう。

何日も机の上に置きっぱなしのまま、というのはご法度。
「どうせ義理だろうし、チョコレートそんなに好きじゃないし」
という本音を書いて張っているのと同じで、失礼極まりない行為です。

複数のチョコレートをもらった場合、もらうチョコレートの大きさや値段はバラバラでしょう。その場合、あなたにそんなつもりは1ミリも無いとしても、あげた女性の方は「私があげたチョコレート、他の人のよりちょっと小さすぎたかな…」など、勝手に気にし出します。

女性は比べられるのを嫌う生き物です。
お礼も言ったしメールも送ったのに、チョコレートをデスクのうえに置いていただけで、うっかり悪印象を与えかねません。

まとめ

バレンタインごときで、こんなに気を遣わなくてはいけないなんて…面倒くさい!
なんて思っていませんか?

侮るなかれ。
こういう細かい気遣いこそ、あなたの印象を大きく左右することをお忘れなく。それに、女性に嫌われるより好かれたほうがずっといいですよね?

Photo by 写真素材 足成(http://www.ashinari.com/

OKGuideバレンタイン特集 「想いよ届け! ハッピーバレンタイン」

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

24

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
uraco

既婚、共働きのアラサー主婦です。
自分と同じような、働く女性がもっと増えたらいいのにな…という願いを込めて「働く女性に役立つ」ガイドを書いていこうと思います。