更新日: 2012-12-21 14:13:47

映画『フランケンウィニー』鑑賞ガイド(プレゼント情報も!)

著者: OKWAVE Stars

編集者: OKWAVE Stars

閲覧数: 979

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by OKWAVE Stars

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『アリス・イン・ワンダーランド』など、独特の世界観とイマジネーション豊かなビジュアルで世界を魅了し続けるティム・バートン監督の最新作『フランケンウィニー』の鑑賞ガイドをお送りします。
素敵なプレゼント企画もありますので最後までお楽しみください!

STEP1

■『フランケンウィニー』メイキング特別映像“PUPPET HOSPITAL”


STEP2

Photo by OKWAVE Stars

■イントロダクション


それは、孤独な少年ヴィクターと、彼の唯一の友だち、“禁断の実験”によって甦った愛犬スパーキーのピュアな愛が、街中に大事件を巻き起こす冒険ファンタジー。

映画『フランケンウィニー』は、少年時代の愛犬との思い出を原点とする、ティム・バートン監督が個人的に最も作りたかった映画だという。

「このプロジェクトには特別な愛着を感じているんだ」(ティム・バートン監督)


手作り感がぬくもりを生み出すストップモーション・アニメーションによる、ティム・バートンならではの”白黒3D”ワンダーランド。奇妙で一癖も二癖もあるキャラクターらが織り成すカオスな展開に、散りばめられたエッジの効いたギャグが笑いを誘う。そして、スタイリッシュな白黒の映像美が、奇妙なディズニーランドに迷い込んだかのような夢にも似た感覚を醸し出す。

スクリーンを駆け回るのは、つぎはぎだらけで首からはボルトが飛び出ているフラン犬(ケン)、スパーキー。シッポを振りすぎると、ポロっと取れてしまうし、水を飲めば、背中の継ぎ目から噴水のように出てしまう。しかも、彼は“死んだこと”に気づいていない。そして、何よりもヴィクターのことが大好きで、いつも一緒にいたいと思っている。無邪気で陽気で能天気、そして何ともいじらしい。そのしぐさや動きは、本物の犬そのものの愛らしさ。映画史に刻まれるべき、ヘンだけど妙に可愛い名犬(?)キャラの誕生だ!
そんなスパーキーを死から甦らせたのは、少年ヴィクターの“禁断の実験”。不幸な事故で死んでしまったスパーキーと再会したいというヴィクターのピュアで切実な願いには、ティム・バートンが子供の頃に体験した、愛犬との特別な絆と別れが色濃く反映されている。

そんな特別な作品である『フランケンウィニー』が堂々日本公開!

STEP3

■ストーリー


小さな街に暮らす、科学が大好きな少年ヴィクター。彼の隣にはいつも、最高の相棒、愛犬のスパーキーがいました。ある日、不幸な事故がスパーキーの命を奪ってしまいます。その死を受け入れられないヴィクターは、科学の授業で習った“電気の実験”を応用して、家族にも内緒でスパーキーを生きかえらせることに…。
つぎはぎだらけの“フラン犬”としてよみがえったスパーキー。しかし、彼は自分が“死んでいること”に気づかぬまま家の外へと出てしまい、その“ありえない姿”をヴィクターのクラスメイトに目撃されてしまいます。そして、ヴィクターのアイデアを知った子供たちは次々にペットや動物をよみがえらせ、やがて街は大混乱に…。

STEP4

Photo by OKWAVE Stars

■キャラクター,キャスト&スタッフ


『フランケンウィニー』の魅力は、大人も子どももどこかズレているユニークなキャラクターたち。特に、ヴィクターのクラスメイトたちのキャラは、『チャーリーとチョコレート工場』の子どもたちを凌ぐほどの強烈さ。エッジの効いたギャグもさらりと表現する、ユニークでキモ可愛い子どもたちだ。満を持してティム・バートン作品に帰って来た“お気に入り”の名優たちが、そんなニュー・オランダの住人たちに生命を吹き込んだ。

クラスメイトのひとり、感傷的な少女エルザの声を印象的に演じるのは、『ビートルジュース』や『シザーハンズ』でヒロインを演じた、アカデミー賞ノミネート女優ウィノナ・ライダー。ティム・バートンとは22年振りのタッグとなる。

フシギちゃん、体育の先生、ヴィクターの母・スーザンの3役の声には、『ビートルジュース』、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(サリーの声)のキャサリン・オハラ。ジクルスキ先生を『エド・ウッド』でアカデミー賞助演男優賞に輝くマーティン・ランドー。『マーズ・アタック!』のマーティン・ショートが、ブルゲマイスター町長ほかの声を巧みに演じる。日本人キャラクターのトシアキに至っては日本語も飛び出す!

キャラクター同様、ワンダーランドを創る重要な要素となるのは、ティム・バートン監督作品に欠かせないダニー・エルフマン(『アリス・イン・ワンダーランド』)の音楽。何かが起こりそうな予感や、ヴィクターとスパーキーとの絆を、スリリングに、情感豊かに盛り上げている。

STEP5

Photo by OKWAVE Stars

■『フランケンウィニー』公開情報


『フランケンウィニー』
2012年12月15日(土)より3D/2D同時公開中!

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(C) 2012 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

公式サイト:Disney.jp/FW

STEP6

Photo by OKWAVE Stars

■インタビュー+Q&A「OKStars」にて『フランケンウィニー』来日会見&アリソン・アバッテ プロデューサへのインタビュー公開!<プレゼント企画あり!>


OKWaveのインタビュー+Q&Aコーナー「OKStars」では、ティム・バートン監督とアリソン・アバッテ プロデューサーが登壇した来日記者会見の模様と、アバッテ プロデューサへのインタビューを公開中!

OKGuideで公開しているものとは別のメイキング動画もあるぞ!

また、『フランケンウィニー』オリジナル鉛筆セットが抽選で2名様に貰えるプレゼント企画も開催中!今すぐチェックしてみよう!
インタビュー+Q&A「OKStars」
Vol.219 『フランケンウィニー』来日会見&インタビュー アリソン・アバッテ
http://okstars.okwave.jp/vol219.html

まとめ

Photo by OKWAVE Stars

ストップモーションアニメーションという手法で緻密に描かれた、その不思議な映像と、どこか可笑しく、だけど愛着の沸くキャラクターたちが織り成すカオスな展開に間違いなく引き込まれることでしょう。そして気づいたらスパーキーのことが愛おしくなること間違いなし。作品の根底に流れる優しさや温かさを誰かと共有できるといいですね。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
OKWAVE Stars

OKWAVE Guideご利用の皆さんコンニチハ!
OKWAVEが運営するインタビュー+Q&A『OKWAVE Stars』の投稿アカウントです。
...

必要なもの

プレゼント企画への参加はOKWave ID(無料)が必要です。