更新日: 2011-03-28 10:56:55

男性が結婚したくなる女性とは?

著者: kuroiusako

編集者: おばばばば

閲覧数: 3176

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Dakiny

男性が「この女性と結婚したい」と実感するのはどのような女性なのか考察します。

STEP1 昔から慣習的によく言われるのが「料理が上手な女性」

料理だけで結婚するわけではないと男性/女性の両方から怒られそうな台詞ではありますが、
この台詞にもヒントがあるように思います。

STEP2

男性からのプロポーズの台詞に「あなたを幸せにします」なんていうお決まりの言葉がありますが、これは本心でしょうか?
どちらかというと本当は「女性に自分を幸せにして欲しい」と考えている男性の方が多いのでは?
ここまで他力本願でなくとも、少なくとも、「女性と一緒に幸せな将来に向かって前進していきたい」と考えているのではないでしょうか?
つまり、『男性に将来を「丸投げ」してしまっている女性を幸せにしてあげたい』というよりむしろ、
『誰かに自分の人生を幸せなものにしてもらいたい』あるいは『幸せに向かっていく加速力のある女性と共に歩いていきたい』と多くの男性は心の奥底で潜在的に願っているのではないかと思うのです。

しかしながら、男性は女性を守るもの、養うものという固定概念がはびこる社会において、
女性を失望させないために(つまり女性にモテたいために)「女性を幸せにするようリードできる」と主張せざるを得ないのではないでしょうか?

STEP3

こういった素直になれない状況のため「守ってあげたいタイプ」の女性がモテるという幻想もありました。
しかしながら、自らの力で幸せへと前進できない女性と一生、共に生活したいと感じる男性がいるでしょうか。
つまり、そういった女性と結婚した場合、自分自身はもちろんのこと相手の女性も幸せな人生が送れるか否かという責任を一切を自分が背負うことになるのです。
これが「重い」と言われてしまう女性像ですね。

一方、幸せな将来を目指して前進している女性ならどうでしょう?
この女性なら、自分は己のことのみに集中していても幸せになってくれるであろう、あわよくば自分まで幸せへと道連れにしてくれるかも知れない、と感じるでしょう。

STEP4 では、そもそも目指す「幸せ」とは何でしょうか?

お金?仕事の大きな成功?暖かい家族でしょうか?
これらを得ることはとても難しく、長期計画が必要ですが、もっと簡単に、かつすぐに直面できる「幸せ」があります。
それが『食べる』という行動です。
おいしい料理を食べていると幸せな気分になりませんか?
いくら短絡的で動物的だとは言え、行きている以上『食べる』ということが必要不可欠な「幸せ」の要因なのです。
なので、男性は料理が上手な女性に出会うと、
料理が上手→毎日おいしいご飯が食べられる→毎日幸せを感じられる→幸せになれる
と繋がってしまうのかもしれません。

断っておきますが、もちろんおいしいご飯だけで幸せになれるほど人間は短絡的ではありません。
ただ、パブロフの犬が鈴の音でご飯を想像したように、人にとっておいしいご飯は「幸せ」を予感させるアイテムなのです。

料理が上手であるということは好印象ではありますが、これだけで男性を「落とせる」というものでは決してありません。

STEP5 男性が「この女性と結婚したい!!」と感じる女性は、

料理が上手な女性でも、守ってあげたい弱々しい女性でもありません。
一緒にいて自分が(できればラクして?)幸せになれる女性です。
つまり、どんなに苦しい状況でもそこから自分が幸せになれるように一歩、また一歩と前進できる逞しい女性なのです。
また、そんな状況においても笑顔でいられる余裕のある女性というのもポイントでしょう。

STEP6

幸せに向かって前進している女性とは、とにかく頑張っている女性のことです。
何も仕事で成功する必要はありません。
ダラダラと仕事をこなすのではなく、毎日仕事に真剣に取り組んでいればそれだけで好印象です。
失敗したって笑顔で乗り切ってしまえば、逆に評価アップです。
結婚したい女性とは『成功できる女』ではなく、『幸せのために努力できる女性』なのですから。
仕事に集中しすぎて残業がちになると、好印象とならない男性もいるでしょう。
なぜなら、最近では、仕事よりも家庭生活での充実を重視する男性が増えているからです。
メリハリやけじめをつけた仕事の仕方が良いでしょう。
また、働いている時の笑顔や明るさも好印象です。暗い表情で嫌々働いている人に将来の幸せを予感できませんからね。
愚痴や悪口はもっともNGです。「自分のことを棚に上げる。他力本願である。」と思われてしまい、「将来、幸せでなかったら自分のせいにされる」と思われてしまいます。

さらに、趣味や習い事をしていると好印象です。
自分磨きやキャリアアップなど自分の成長のために自ら努力ができる女性、ということをアピールできます。

男性や親に頼らずとも自分で成長でき、また苦しいときも頑張っているときも笑顔の女性、というのがいいのではないでしょうか。

まとめ

幸せになりたいのは男性も女性も同じ。
また、誰かに頼って生きたいというのも男性も女性も同じなのではないでしょうか。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

70

OKWAVE Guideスタッフさんのコメント

2010/10/27 01:35:53

<OKGuide ライター募集しています>

手軽に在宅ワーク 主婦の方、学生の方、副業等々

http://okguide.okwave.jp/guides/4900

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kuroiusako

元化粧品会社研究員
現在は化粧やスキンケアだけでなく、生活スタイルや食事なども含めた総合的な美容のアドバイザーとして活動。
また、化粧やファッションを...