更新日: 2010-10-14 10:01:54

数量史とは何か?

著者: handwerk

編集者: handwerk

閲覧数: 387

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by isawnyu

歴史本は、ほとんどの場合、テーマと同じ分量で書き手のテーマへのアプローチが語られる。
数量史研究とはそういったアプローチの一つだ。

STEP1 実証的ソース

数量史の著者は分析の際に主として実証的なデータを用いる。彼らの分析は統計学や数学に基づく複雑なものである場合が多い。実証的なデータは、裁判所や公課といったオフィシャルソースから得ることが出来る。オフィシャルでなくとも、
ビジネス・レッジャーのような(米国の)新聞からも入手可能だ。

STEP2 学際的研究

数量史とは学際的分野のものである。数学への依存度が高く、数量史研究とは経済学、社会学、地理学の分野と重なる場合が多い。

STEP3 データベース

データベースは、数量史研究にとって最も重要なリソースである。広い範囲にわたる実証的な情報の収集に役立つ。インターネットのデータベースはまさに救世主だ。米国の最大データベースはミシガン大学のICPSRである。

STEP4 その他

優れた数量史研究家は、オフィシャルソースからのデータ収集をし、広範囲にわたり検証するものである。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

61

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
handwerk

さわらどっとじぇーぴー