更新日: 2013-01-08 15:25:35

1,500円でショパンが3曲弾ける人になる方法!

著者: rensenblink

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 4656

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by rensenblink

え、ほんとうに私でもピアノが1曲弾けるようになるの?
しかも、ショパン!

なんと、本当に弾けるようになった、
まさに「魔法のレッスン」をNアカデミーで見つけました。


「西村由紀江の誰でもショパン ~1時間で弾ける魔法のレッスン~」
http://n-academy.jp/chopin/

STEP1 【あこがれの「ピアノで1曲」】

Photo by rensenblink

私は子供の頃、ピアノを習おうとしたのですが、
「バイエル」の最初の方で挫折。

ティーンエイジはギターに走りましたが、
こちらも「コード」をジャカジャカやる程度で
ギブアップ。

大人になってからも、
かっこよくピアノを弾くことには憧れがあって、
とりあえずキーボードは買いましたが、
部屋のオブジェになったきり、埃をかぶっていました。

「いつかピアノを1曲弾けるようになりたい」という夢は
憧れとしてあったのですが、
「自分にはちょっと無理」と、どこかで諦めていました。

[PR]ショパンの名曲を1時間で弾けるようになる理由とは?

STEP2 【「誰でもショパン」は本当です!】

Photo by rensenblink

Nアカデミーで「西村由紀江の誰でもショパン」を見つけた時も、
「とはいっても、そう簡単じゃない」と思いつつも、
「1,500円ならダメでもともと」というくらいの気持ちで
受講してみました。

やってみてびっくり。

1時間余りの受講が終わった時には、
とりあえず1曲目は、なんとか弾けるようになっていました。
しかも、あの「ショパン」の「別れの曲」です。

[PR]ショパンの名曲を1時間で弾けるようになる理由とは?

STEP3 【初心者向けにアレンジ】

Photo by rensenblink

もちろん、曲そのものは
西村先生が「初心者向けにアレンジ」されています。

しかし、弾いてみて十分に完成度が高く、
ちゃんと両手を使って1曲ピアノが弾けた充実感は感動的!

レッスンに耐えるといった感じは全くなく、
「こうしなきゃいけない」という束縛感もなし。

最初は指1本でメロディーを追いかけるところから、
右手と左手を順番に使うだけで、
「これならできる!」という自信がつきます。

[PR]ショパンの名曲を1時間で弾けるようになる理由とは?

STEP4 【有名な「知っているメロディ」】

Photo by rensenblink

聞いたことのない「練習曲」ではなく、
誰でも一度は聞いたことのある有名なメロディなので、
すんなりと先に進めます。

「ピアノのプロになるのではないので、
とりあえずみんなが知っている1曲を、楽しめればいい」という
初心者の想いを見事にかなえれくれます。

[PR]ショパンの名曲を1時間で弾けるようになる理由とは?

STEP5 【講座には3曲のレッスン】

Photo by rensenblink

講座には、いずれも有名な3曲のレッスンがあって、
2曲目「ノクターン」、3曲目「華麗なる大円舞曲」になると
さすがに1時間でマスターするのはちょっと難しくなりますが、

それでも、順番にやっていくと、
だんだんとできるようになっていく楽しさで、
「耐える」要素なく、スムーズに練習に取り組めますので、
「これなら3曲とも弾けるようになりそうだ」という
自信がついていきます。

[PR]ショパンの名曲を1時間で弾けるようになる理由とは?

まとめ

Photo by rensenblink

「難しく考えず、まずは楽しんで、ピアノを好きになってほしい」という
西村先生のお気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

講座にはPDFファイルで楽譜もついていますので、
3曲分の楽譜が手に入るだけでも、
1,500円は十分に価値があります。

長い間、だだの「憧れ」だったピアノ演奏の夢を、
手軽に、簡単にかなえてくれた「魔法のレッスン」!

西村先生、ありがとうございました!


(Illustration by rensenblink)
画面は実際の講座からの引用

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

18

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
rensenblink

 「デジタルライフ」「家電」「エンターテインメント」のカテゴリーは、これまでの仕事での経験上から、いろいろとアドバイスのお手伝いができると思います。
 ...