更新日: 2014-04-07 19:57:48

スタイリングが決まらない時の解消方法

著者: アンファー株式会社

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 4436

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by アンファー株式会社

スタイリングが決まらなくてイライラ

波打つようにうねる髪。ブローしてもモワっと広がるし、雨が降ればさらに爆発! 以前はこうじゃなかったのに……という、嘆き節がそこここに。

STEP1

若い頃はサラサラだったのに、髪がうねってボワっと広がる。雨が降ると、さらにうねる。髪にツヤがなくなった。

STEP2 加齢のほか、お酒の飲みすぎでもうねりやすくなる!

ハリや潤いのある皮膚や髪の毛をつくる大切な働きをする女性ホルモン“エストロゲン”が20歳代後半をピークに加齢とともに減少し、女性ホルモンのバランスが崩てくると、うねる傾向に。
また、週に5日以上、アルコールを飲む人も、うねりが出やすくなります。アルコールの解毒に、ナイアシン(水溶性ビタミンで、ビタミンB群の一種)が大量に消費されるからです。

STEP3 髪だけでなく爪に筋が入ったり、折れやすくなる!?

うねった髪は、キューティクルの内側にあるタンパク質(コルテックス)に、水を吸いやすい部分と弾きやすい部分ができます。雨などの湿気は、その差を強調するので、うねりが大爆発!
髪は、爪や肌の角層と同じ『ケラチンタンパク質』という硬い種類のタンパク質でできています。血行が悪くなり、毛母細胞の栄養不足で髪にうねりがでてくると、爪も栄養不足になってきているかもしれません。

STEP4

一度うねり始めた髪は、昔のように素直な髪質には戻りにくい…。

だからこれから生える髪に希望を託して、上質な睡眠と規則正しい食事を心がけるようにしましょう。
女性ホルモンの分泌を急激に減少させないためにも、上質な睡眠を。
1日3食、規則正しく食事を摂ってください。ダイエットのために、植物性タンパク質ばかり摂る人もいますが、それでは栄養不足になりやすいので注意。
ブラッシングやコーミングにも注意が必要です。

まとめ

Photo by アンファー株式会社

スタイリングが決まらない時の解消方法は皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ!「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、アンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

25

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

若さの単位は年齢ではありません。

人間は誰でも年をとります。それを受け入れながら、何歳になっても若くいることの歓びを感じられるエイジングケア。
ア...