更新日: 2013-01-08 16:00:49

「色彩検定2・3級講座」を受講してみた!

著者: kumiko3

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1475

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kumiko3

e-ラーニングで有名な、Nアカデミーの「色彩検定2・3級講座」を受講。インテリアを少し変えて実践してみました。

STEP1 □ 「色彩検定2・3級講座」

Photo by kumiko3

人気資格の「色彩検定2・3級講座」を受験してみたい人向けの講座です。

色は洋服のコーディネートなどにも用いられ、色に関する知識を理論的に学ぶことで印象をコントロールすることもできるようです。クリエイティブな職業やファッション、インテリア、広告、ブライダルといった幅広い範囲の職業の人にもおすすめできる講座なのだそうです。

http://n-academy.jp/human/shikisaikentei/

 ※現在、モニター価格で20%オフの講座になっています。

STEP2 □ ログイン方法

Photo by kumiko3

会員登録するとIDとログインパスワードがもらえるので、それでログイン。

受講したい講座の「クラスに入る」をクリックし、

「受講する」をクリック

その中からレッスン、単元名を選んでクリックします。

[PR] 日々の生活から仕事にまで活かせる色のノウハウ。その活用方法とは?

STEP3 □ 講座内容

Photo by kumiko3

講師の先生は資格検定対策っぽい感じです。

最初は「色について」の講座があったりして専門的な内容も多いですが、インテリアや与える影響も学べます。ファッションやインテリア、エクステリアのカラーコーディネートについても教えてくれ、ファッションやインテリアについて興味がある人にもいいと思いました。

[PR] 日々の生活から仕事にまで活かせる色のノウハウ。その活用方法とは?

STEP4 □ 講座の一例

Photo by kumiko3

興味を惹かれたのは、「インテリアの配色」。

パブリックゾーンは「玄関」、「廊下」、「リビング」、「和室」に分かれていて、それぞれカラーコーディネートをすることで落ち着けるインテリアが決まるそうです。

玄関
暖色系が基本、自然素材、ベージュ系 

廊下
玄関との共通性、落ち着きが必要

リビングルーム
共通性の多い配色、床は壁よりも明度を下げる、家具は床または壁に類似したもの、クッションの小さなもので変化をつけるとよい

和室
自然素材色でコーディネート

といったように説明がありました。
自宅のインテリアはどうだったかと思い、実践してみることにしました。

[PR] 日々の生活から仕事にまで活かせる色のノウハウ。その活用方法とは?

STEP5 □ 実践してみました。

Photo by kumiko3

リビングルームは共通性の多い配色がいいということは合致していたのですが、クッションの小さなもので変化をつけるとよいということで、インテリアを少し変えてみました。

左が変更前で、右が変更後です。

左はブラウンのクッションで、右は柄ものです。こうやって写真を撮影してみると印象が全然違うことに驚きました。講座を受講してみて、インテリアはどうだったか、ファッションはどうだったか考えてみるのも面白そうです。

[PR] 日々の生活から仕事にまで活かせる色のノウハウ。その活用方法とは?

まとめ

トップ画像、STEP中のイメージ(STEP5は除く)はNアカデミーより
STEP5はkumiko3による

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

23

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...