更新日: 2012-09-05 14:49:25

【男女共通】顔色をよくする方法

著者: chiocha

編集者: chiocha

閲覧数: 7112

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by chiocha

「今日、顔色が悪いね。」
元気なのにそんなこと言われたら、ちょっと悲しいですよね。

女性の場合は、化粧をして隠すことが出来ます。
しかし男性の場合、顔色をよくするために、毎日化粧をするわけにはいきません。

今回はそんな男性にも、もちろん女性にも役立つ、顔色をよくする方法を紹介します!

STEP1 原因を探してみよう!

Photo by chiocha

顔色が悪くなる主な原因として、このようなものがあります。

・緊張やストレスによるもの

・血行が悪い

・食生活の乱れ

・病気発症のサイン

STEP2 (1)緊張やストレスの場合

Photo by chiocha

緊張やストレスは、そう簡単に取り除くことは難しいものです。
しかし、一人で抱え込んでいては、それは大きくなる一方。
誰かに話すだけで、意外とスッキリするものです。

また、そればかり考えるのではなく、自分の好きなことや、全く関係ないことをするのもいいです。

どうしても緊張やストレスを感じてしまうときには、今自分はなぜ緊張しているのか、どんなストレスを抱えているのか、などと思い浮かんだことを、細かく紙に書いてみてください。
そうすることで、問題がはっきり分かるので、解決につながります。

STEP3 (2)血行が悪い場合

Photo by chiocha

血行をよくするには、まず体を温めるということです。
いつもシャワーだけで済ませていると、体は温まりません。
ゆっくりお湯につかることが大切で、最も効果的なのが、ぬるめのお湯に長くつかる半身浴です。

お風呂上がりにストレッチや、顔のリンパに沿ってマッサージをすると、もっといいでしょう。

食べ物では、ショウガを使ったものを食べると、体が温まり血行がよくなります。

運動も大切です。
日頃から、階段を使うなどして、適度に運動するようにしましょう。

STEP4 (3)食生活の乱れの場合

Photo by chiocha

ここでは顔色をよくするための食べ物を、紹介します。

・玄米
・豆類(ゴマなど)
・スパイス
・根菜類(大根、人参など)
・海藻類(わかめ、ひじきなど)

これらは、鉄分やタンパク質を多く含んだ食べ物です。
ビタミンを多く含んだ野菜などと一緒に摂取すると、より吸収されて効果的です。

食事を毎日気にしている時間がない、という方は、サプリメントなどで栄養を摂取するといいでしょう。

STEP5 (4)病気発症のサインの場合

Photo by chiocha

顔色が悪くなることが、病気発症のサインになっているものを紹介します。

・顔色が赤い場合
発熱・多血症など

・顔色が青い場合
貧血・胃がんなど

・顔色が黄色い場合
急性肝炎・胆石症など

・顔色が黒い場合
肝硬変・肺がんなど

なにをしても改善しない場合や、吐き気や腹痛・頭痛を伴う場合、病気の可能性があるので、早めに病院へ行きましょう。

まとめ

これらの改善方法は、続けることが大切です。
自分に合った改善方法を見つけて、楽しく改善していきましょう!

Illustration by chiocha

参考URL
「タケダ健康サイト」
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=kaoirowarui

「メディカルiタウン」
http://medical.itp.ne.jp/sickness/check/symptom/sym001.html

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

22

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
chiocha

よろしくお願いします。