更新日: 2012-08-15 19:30:56

花火大会を快適に楽しむコツ

著者: ringring3

編集者: ringring3

閲覧数: 1229

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ringring3

夏の風物詩、花火大会。「でも、行くだけで疲れちゃう」というあなた、こんな楽しみ方はいかが?

STEP1 楽しいはずが……

Photo by ringring3

せっかくの花火大会も、車や人ごみにもまれて、まともに見れなかったという人は多いかもしれません。

それに、浴衣を着て友達や彼とはぐれないように歩くだけでも大変!ってこともありますね。

そこで、こんな方法はどうでしょう。

STEP2 郊外の小規模大会をねらう

Photo by ringring3

今はいろんな情報が簡単に手に入る時代。近くの大規模な花火大会もいいけど、あまり知られていない小規模な花火大会を見に行くのはどうでしょう。

車や交通機関を使って、ちょっと郊外に出れば、人や車も減るので、大会会場までも行きやすくなります。また、途中のドライブも楽しめていいですね!

花火もより近くで見れるので、「ドーン」地響きのする音とともに、夜空に浮かぶきれいな花火をじっくり見ることができて、感動もひとしおです。

規模が小さいため、花火の数や打ち上げられる時間は短いかもしれませんが、じっくり楽しめる分、価値はあるかなと思います。

STEP3 少し離れた場所から

Photo by ringring3

人ごみを避けて花火大会を楽しむなら、少し離れた高いビルなどから眺めるのもおつなものです。

花火大会が開かれる場所を眺められるようなビルをチェックしておきます。

ビル内にレストランなどがあるなら、そこで予約しておくのも良いでしょう。

近くで見るような臨場感はないですが、遠くに上がっていく花火を見るのも、ゆったりとして趣のあるものです。美味しい料理やお酒と一緒に花火を楽しむのも、また格別かもしれませんね。

まとめ

夏の良い思い出となるといいですね☆

前書きPhoto by 中村人士
ステップ1Photo by イシダヒデヲ
ステップ2Photo by 濱覚
ステップ3Photo by ami

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

10

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ringring3

スローライフを楽しむ、多趣味な主婦ライター。

心の中に、爽やかな風が吹いたり、暖かな陽だまりを感じられる。
そんな、役立つ記事を書いていきたいと思...