更新日: 2012-06-14 18:36:04

偉人の格言から見る「人を信じる」と言うこと

著者: mikimikimikipon

編集者: mikimikimikipon

閲覧数: 32896

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by mikimikimikipon

信頼を裏切られ、心の傷が深ければ深いほど人を信じることに対しての恐怖心が強くなります。心が萎縮してしまい、信じる勇気を持つ気力もなくなってしまいますよね。
でも、人を信じられないのは悲しいことです。人を信じられないと、自分も人から信じてもらえなくなってしまうから……そして、その結果として誰も幸せにはなれなくなってしまうから……
自分のためにも周りの大切な人たちのためにも、人を信じられなくなってしまった時のために、偉人の言葉から「もう一度人を信じる勇気を持つ」きっかけを探してみましょう。

人を信じることの難しさ

Photo by mikimikimikipon

レオ・バスカリア(アメリカの教育者)
「信じすぎたから欺かれるのではないか、と私たちは心配するが、人を十分信じないとどうなるかについては考えようとしないのだ」                    

「もうこれ以上傷つきたくない」
「どうせみんな腹の中では何を考えてるかわからない」
「信じてバカを見るのは嫌だ」
信じられない心の内には様々な葛藤が渦巻いているのではないでしょうか……

確かに、疑うことで、人から騙され傷つくと言うリスクはなくなるかもしれません。
でも、人を疑うことは、自分の心の中にも相手の心の中にも、憎悪や不安を生み、どう考えても不幸への方途を辿るだけです。
人の心は移ろいやすく、信じることへの不安は常に付きまとっていても当たり前なのかも知れません。信じ続けることよりも、疑い続けることの方が楽と言えるとも思います。だから、疑ってかかった方が自分を守る武器にはなるのかもしれません。

そして、信じられない心から生まれるものに目を向けて人を信じようとする人はあまりいません。

もしどうしても、人を信じることへの抵抗が拭えないのなら、まずは自分のためにこう考えてみるのはどうでしょうか。

中村天風(日本初のヨーガ行者)
「なぜ疑いがいけないのか。それは疑い出したら、何事も安心できないからである」

信じる勇気を持つ

Photo by mikimikimikipon

福沢諭吉(思想家・教育者)
「人に交わるには信をもってすべし。己れ人を信じて、人もまた己れを信ず」
渋沢栄一(幕末~大正初期の武士・実業家)
「自分は相手を疑いながら、自分を信用せよというのは虫がよい話である」
エマーソン(アメリカの哲学者)
「人を信じなさい。そうすれば、人はあなたに誠実にふるまうだろう」
本田宗一郎(実業家・ホンダの創業者)
「こちらが信用することによって、信用される人間が生まれる」 

何があっても人を信じる勇気を持てるかどうかで、相手の対応も違ってくるということです。人を疑う時、もし自分が逆の立場(疑われる側の立場)だったらどう思うかを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

相手を信じると決めた自分を信じる

Photo by mikimikimikipon

信じる・信じないは自分の心が決めることです。

信じられない構図の裏にはこういう頑なな心はないでしょうか。
期待を裏切られた、相手が思い通りにならない。だから信じない。
自分でこう決め込んでしまって、心を閉ざしてしまってはいませんか?

一方、相手を信じると決めるのも自分です。
疑うことは心に不安と憎悪しか残しません。それはあまりにも悲しいから、自分のためにも人を信じると決めよう・・・どうせなら、そう決めてみませんか?そして、信じると決めた自分を信じ抜いて、何が起きたとしても、信じると決めてそれを貫く自分を疑わない。

手塚治虫(漫画家)
「人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。」
作者不詳
「人を信じる者は、己の弱さを知っている故に強者となる。人を信じない者は、己を強いと思い込む故に弱者となる。」

信じるための強さは、自分にしか湧かせる事はできません。
でも、人を信じる勇気を持てた自分を信じ続けられれば、きっとあなたの周りは信頼できる人でいっぱいになります。

まとめ

Photo by mikimikimikipon

武田鉄矢(歌手・俳優)
「信じられぬと嘆くよりも、人を信じて傷つく方がいい」
騙すより、騙される方が心を犯されていない人間だと胸張ることはできますよね。
でも、
「君子は人を過信せず、また過疑せず」菜根譚(中国の古典)より
とも言います。

お人好しに人を信じすぎるのも不幸の元、疑心暗鬼になって人を信じなさ過ぎるのも、不幸の元と言うところなのですね。

結局は、人の心根を見極める人間性を身に着け、相手を信じる勇気を持てる自分を信じて、心を強く生き抜くことが先人の云わんとしている幸せへの道だと言うことです。

自分の心には自分で責任を持ち、傷つくことを恐れて人を信用できないような臆病な人にはならない……そう決めることが全ての幸せにつながるのではないでしょうか。



画像/プロ・フォト
参考/心を強くする実践日記、幸せのホームページ、名言ナビ☆名言・格言辞典、ウィキペディア

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

103

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
mikimikimikipon

音楽教室の先生と歌を歌う仕事をしています^^
子供3人とダンナが1人^^;老犬が1匹とネコが2匹、インコとカメと熱帯魚ちゃんが同居中ですf(^_^;
...