更新日: 2011-08-24 16:41:33

バリアフリー時代に対応!旅行社の新しいスタイルを知る方法

著者: love-syoko

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 479

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by gonsee

バリアフリー時代に対応した施設や設備など、まだまだ不十分とはいえ、街のいたるところで見かけるようになりました。そんななか、障害者や高齢者やその家族が快適な旅行を楽しめるための旅行社も誕生しています。ここでは、その一例を紹介したいと思います。

STEP1 障害者や高齢者にとって

旅行することは大変な労力が必要です。受け入れ先のホテルやレストランのバリアフリー化はもちろんですが、道中の移動も一苦労します。介護者同伴の場合は、その費用もネックになるのです。かといって、家族だけで介護しながらの旅行は大変な労力が要ります。

STEP2 旅行社では

旅行先で介護者を手配するなど、旅行に対するハードルを少しでも下げるための工夫をしています。利用者は、旅行費用軽減ができるほか、家族を介護するための肉体的負担も少なくなり、みんなで旅行を楽しむことができます。

STEP3 このような企画は

すでに10数年前、あるコンサートツアーで構想が練られていました。また、宿泊予定先のホテルへメジャー持参で下見に行き、間口の広さや洗面台の高さを計るなど、車イスでの宿泊が可能かどうか検討されていたなど、担当スタッフから貴重な話を聞いています。

まとめ

施設のバリアフリー化はもちろんのこと、アレルギー対策や高齢者向きの食事メニュー、ペット同伴での利用ができるなど、利用者に配慮した旅行社や旅行プランを選びましょう。

また「会員制リゾートホテル」は別荘気分で楽しむことができます。個人で別荘をもつよりも割安になるほか、バリアフリー対策などいろいろな対策がなされているホテルもあります。
旅行先で観光地めぐりをするのもいいですが、一か所を拠点にして、のんびり時間を過ごすものいいかもしれませんね。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

46

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

みんなで旅行を楽しみたいという気持ち