更新日: 2012-04-12 21:46:46

Q.「太陽の光」を浴びないと、体がストレスを受けるって本当?

著者: アンファー株式会社

編集者: アンファー株式会社

閲覧数: 3571

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by アンファー株式会社

確かに、太陽の光を浴びると、元気になれる気がするけど・・・

A.本当です。

人は、太陽の光でいろいろな体のリズムを整えています。リズムが乱れるとストレスが発生、自律神経に影響が出て、体の変調につながります。

太陽光で体内リズムをリセット

多くの成分は太陽の光とともに体内のリズムを整えるように作られています。
それは人間も同じです。
朝日を浴びることで、人の体の中で各種のホルモンが働き出し、免疫力も上がります。そして1日のリズムを正しく刻むように、自律神経の働きで体内時計がリセットされるのです。

例えば、セロトニンという眠りを誘うホルモンは、朝日を浴びることで生成され、夜に働くようにセットされます。歯や骨の生育に必要なビタミンDは、太陽の光を浴びることで皮膚の下に作られます。
またこのビタミンは満腹中枢にも作用し、肥満の防止にも役立っています。

ストレスを抑える働きも!

ちなみに太陽の光が少ない北欧では、セロトニンというホルモンが十分に体内で生成できないため、「うつ病」になりやすく、またビタミンDの体内生成の不足から、肥満になる人が多いともいわれています。

人間も本来は動物です。太陽の光を浴びて、体のリズムや機能を整えることが、ストレスを抑えることにもつながるのです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

55

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

若さの単位は年齢ではありません。

人間は誰でも年をとります。それを受け入れながら、何歳になっても若くいることの歓びを感じられるエイジングケア。
ア...