更新日: 2012-01-12 16:45:05

映画『キツツキと雨』鑑賞ガイド&試写会に15組30名様ご招待!!

著者: OKWAVE Stars

編集者: OKWAVE Stars

閲覧数: 2839

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by OKWAVE Stars

雨でも…きっと晴れるさ。
無骨なキコリと気弱な映画監督のちょっといい出会い。

役所広司演じる木こりと小栗旬演じる新人映画監督。
片田舎の年配の木こりとデビュー作の撮影に四苦八苦する新人監督の青年との交流を通し、小さな山村を舞台に映画の撮影隊と村人たちとのおかしくも温かい関係を、『南極料理人』の沖田修一監督が描く『キツツキと雨』鑑賞ガイドをお送りします。

そして、OKWave会員15組30名様を『キツツキと雨』試写会にご招待!最後までお楽しみください。

STEP1

■予告編


STEP2

Photo by OKWAVE Stars

■イントロダクション


クスクスって笑って、雨がやんだら少しだけ温かい気持ちになって…。
雨のちの晴れのほんわかムービー。


極限下で暮らす南極観測隊員たちの共同生活を、あたたかな笑いで包みヒットを記録した『南極料理人』から2年。沖田修一監督待望の新作『キツツキと雨』は、人里はなれた山村に暮らす木こりの男と、そこへ映画の撮影にやってきた映画監督のふれあいを描く、やさしくておかしくてホロリとさせるハートフルなヒューマン・ドラマ。

妻に先立たれ息子とふたりで生活する60歳の木こりに役所広司。いつもおどおどして自信が持てない25歳の映画監督に小栗旬。初共演のふたりが、不器用ながらも少しずつ親交を深めていく彼らの絆を、やわらかいユーモアをまじえながら演じています。

第24回東京国際映画祭審査員特別賞受賞、第8回ドバイ国際映画祭アジア・アフリカ部門最優秀男優賞、同最優秀脚本賞、同最優秀編集賞受賞と、国際的な評価も獲得した映画がいよいよ公開です。

STEP3

Photo by OKWAVE Stars

■ストーリー


出会うはずのない二人が出会ったら…新しい今日が、森の中から始まった。

人里はなれた山間の村。岸克彦(役所広司)は、早朝から仲間と山林に入り、木々を伐採して生計を立てる木こりのひとりだ。妻に先立たれ、いまはひとり息子の浩一(高良健吾)とふたり暮らし。しかし、定職につかずふらふらしている浩一に、克彦は憤りを覚えている。妻の三回忌はもうすぐ。

ある朝、田舎道を行く克彦は、車が溝にはまって立ち往生するふたりと出会う。彼らはのどかな山村に映画の撮影隊としてやって来た、田辺幸一(小栗旬)と鳥居(古舘寛治)だった。なりゆきでふたりを撮影現場まで案内した克彦は、ゾンビのメイクでエキストラ出演をするはめになる。

木こりの仲間たちから出演をネタにされ、まんざらでもない克彦。撮影途中の映像を観るラッシュ試写に呼ばれた彼は、小さく映る自分のゾンビ姿に、思わず苦笑いする。かたわらでは幸一が、自分の腕を噛みながら、苦々しい表情でスクリーンを見つめていた。

現場では、大勢のスタッフやキャストから質問攻めにあい、頭が混乱して昏倒してしまう幸一。そこへたまたまやって来た克彦。「幸一くんはいくつなの?」と、克彦は弁当を食べながら幸一に話しかける。「25ですけど…」と答える幸一に、克彦は山に生い茂る松の木を指差す。「あそこに松が生えてるだろう。あの木が一人前になるのに、ざっと100年はかかるよ」。

やがて克彦は積極的に撮影を手伝うようになる。幸一のために総ヒノキ作りのディレクターズチェアを作り、村中からエキストラをかき集め、浴場では幸一の台本確認に付き合う克彦。

撮影隊と村人たちとの間に、少しずつ一体感が生まれていくなか、撮影はいよいよ佳境を迎える…。

STEP4

Photo by OKWAVE Stars

■キャスト&スタッフ


克彦に扮する役所広司(『Shall we ダンス?』『BABEL』『十三人の刺客』)は、脚本に魅了され出演を即断。トレードマークである長髪を切って、映画作りに引き込まれる職人肌の男を力強く演じています。

一方、幸一に扮する小栗旬(『クローズZERO』『花より男子F』『岳-ガク-』)は、自身も映画監督(『シュアリ―・サムデイ』)を務めた経験を生かし、少しずつ成長していく気弱な監督の姿を好演。愛すべきキャラクターを鮮やかに作り上げています。

克彦の息子・浩一に高良健吾、劇中劇の“ゾンビ映画”のヒロインに臼田あさ美、克彦の木こり仲間に伊武雅刀、劇中劇の大物俳優に山﨑努が扮するなど、共演陣にも豪華な顔ぶれが集まりました。

共同脚本も手がけた沖田修一監督はこの『キツツキと雨』が長編映画3作目。短編『鍋と友達』(2002)が水戸短編映像祭グランプリを受賞。初長編作品『このすばらしきせかい』(2006)、監督・脚本を手掛けた『南極料理人』(2009)がロングラン。同作で藤本賞新人賞、新藤兼人賞金賞を受賞する等、高い評価を得た注目の監督です。

また、SAKEROCKのリーダーでもある星野源が、エンディング曲「フィルム」を提供しています。

STEP5

Photo by OKWAVE Stars

■見どころ


大事件やどんでん返しではなく、ほんわかした田舎の山村の中で、役所広司さん演じる木こりの克彦と、小栗旬さん演じる映画監督・幸一のふれあいが丁寧に描かれていきます。そして幸一と同い年の克彦の息子・浩一(高良健吾さん)との関係の変化も。何度もクスっと笑って、見終わる頃にはじーんとくるでしょう。

そして幸一がメガホンを取る劇中劇のタイトルは『UTOPIA~ユートピア~ ゾンビ大戦争』。ほんわかとした本編とはある意味真逆なSF設定、血しぶきや銃声がこだまする壮絶なクライマックスに、エキストラの多用もあれば、“大物俳優”の出演も。映画制作の様々な裏側も分かりそうな、映画好きな人にはさらに楽しめそうな舞台設定にもなっています。

STEP6

Photo by OKWAVE Stars

■『キツツキと雨』公開情報


『キツツキと雨』
2012年2月11日(土)より全国ロードショー

公式サイト:http://kitsutsuki-rain.jp/
配給:角川映画

(C)2011「キツツキと雨」製作委員会

STEP7

Photo by OKWAVE Stars

■OKStarsに沖田修一監督と星野源さんが登場!


OKWaveがお送りするインタビュー+Q&Aコーナー「OKStars」に、『キツツキと雨』沖田修一監督と主題歌「フィルム」を担当する星野源さんが登場!
おふたりのゆるくて楽しい対談インタビューを公開中です。
ぜひご覧ください。
とくにおふたりからの「質問」は必見です(笑)。

OKStars Vol.156 沖田修一、星野源

STEP8

■『キツツキと雨』試写会にOKWave会員15組30名様ご招待!


『キツツキと雨』公開に先駆けて開催される試写会にOKWave会員15組30名様をご招待!
奮ってご応募ください。

※本企画募集は終了しました。


『キツツキと雨』一般試写会

日時: 2012年1月31日(火)18:00開場/18:30開映
会場: 一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋2-6-2)
招待: 15組30名様

応募方法: 本企画募集は終了しました。

OKWave会員登録はこちらから

受付期間: 2012年1月12日(木)~2012年1月24日(火)23:59受付分まで

当選発表: 当選した方には、2012年1月25日(水)中に、上記メールアドレスより登録メールアドレス宛にご連絡するとともに、プレゼントをを発送いたします。

まとめ

雨でも…きっと晴れるさ。

『キツツキと雨』には、全ての人が晴れ渡るであろう、そんな優しさがあふれています。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

OKWAVE Stars さんのコメント

2012/02/09 19:42:21

OKStarsに、沖田修一監督と星野源さんのインタビューを公開しました!あわせてお楽しみください。
http://okstars.okwave.jp/vol156.html

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
OKWAVE Stars

OKWAVE Guideご利用の皆さんコンニチハ!
OKWAVEが運営するインタビュー+Q&A『OKWAVE Stars』の投稿アカウントです。
...