更新日: 2011-07-21 14:02:54

冬春の観光名所こぼれ話 その四十一 椿大堂

著者: 冬春

編集者: kumapis

閲覧数: 599

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 冬春

 宇佐八幡のお膝元で六郷満山信仰が根深い国東半島。
 当然弘法大師信仰というのも根強いのだけど……

STEP1  椿伝説というのがある。

 約1200年前、弘法大師と思しき旅の僧がこの地を訪れたときに杖を地面に刺し、そこから泉が湧き出てさらにその杖から芽が出て椿の木になったという伝説なのだが、その伝承は今でも受け継がれて、その地に三つのお寺が立っている。

 ……

 そう。あたりに田んぼしかないこの国東半島の奥地に寄り添って三つも弘法大師のお寺が建っているのだった。
 聞くと、本家と元祖らしく、同じ弘法大師を祭っているのにそれはどうよと突っ込みたくなるのだが、そんな訳で何一つ無い山と田んぼばかりの場所にでんと城のごとくそびえる寺三つは中々壮観である。

 国東半島は瀬戸内性気候という乾燥しがちな気候と、高い山が無いこともあって、昔から水に困っていたのだが、この椿大師のおかげで水が湧き、それでお礼という事で髪を納める習慣がある。
 だから、何も知らずに行くと本道正面の軒下に吊るされた大量の髪にびっくりする事になる。
 また、何でか全部この髪は女性のものらしい。
 他にも快癒を記念してギブスを奉納したりとかなり素敵なことになっている。
 さて、この三つの寺なのだが、ひとつは巨大弘法像を擁する「椿弘法大師元祖の寺」椿光寺、もうひとつは「弘法大師ゆかりの名刹」椿堂。通称椿大師。
 そしてもうひとつは善通寺。通称椿観音、または椿大堂である。
 椿堂と椿大堂は駐車場も共用で案内の表記も共同で出しているが、椿光寺に関しては一切言及無しとなっている。
 では、何処に参れば良いのかという話だが、三つ参るのは時間がかかるという人は、椿大師を参拝する事をお勧めする。
 ソースは椿大師信仰の信者で毎年参拝している、ここが地元の祖母なので本当かどうかについては分からないのだが……

まとめ

 椿大師

 大分県豊後高田市黒土

 アクセス
  JR宇佐駅→車25分
  宇佐別府道路宇佐ICから車で約40分
  駐車場あり(無料)

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

30

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
冬春

福岡県に住む物書きのはしくれ