更新日: 2011-10-06 23:38:39

物の処分に躊躇がある人のための部屋の整理方法

著者: mikimikimikipon

編集者: mikimikimikipon

閲覧数: 1965

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by mikimikimikipon

100円均一大好きで、色々物色しては、店内ディスプレイを参考にしたり、自分なりにアレンジしたりして、活用しています^^また今回は、今年の3月、引越のため間取りが大きく変わり、かなりのものを処分しましたが、とても気に入っていてどうしても捨てられなかった物の居場所を必死に考え、配置した例をご紹介します。

リビングの壁の一角です。

Photo by mikimikimikipon

100均で購入した飾り網に小さな木製ピンチを挟んで、そこにアクセサリーやお気に入りのストラップ類をぶら下げて一ヶ所にまとめて飾ってみました。

これもリビングの一角。

Photo by mikimikimikipon

壁面は上方に画鋲や釘を刺せる木の杭のようなものがありますが、壁自体はセメントで何もさせません。そこで、絵画などは木の杭の所から釣り糸を吊って飾ってあります。位置も自分の思ったように調節でき、糸も目立たないので思い通りの位置にきれいに飾れました。

和室の一角。

Photo by mikimikimikipon

頂き物の手作りの和小物などは相手の方の心のこもった物なので、処分できませんでした。もちろん、お気に入りの一つ一つなので、配置の仕方も考えて、元々あった小さな棚に、今までは点在していた小物をまとめて置きました。上の方に置いてある小さな小物棚は100均で購入した物です。こうすることで、雑多なイメージが少し緩和され、部屋の一隅にお気に入りの空間も作れて、気分もハッピーに!?

Photo by mikimikimikipon

以前使っていたダイニングセットのベンチを、どうしても処分できなかったぬいぐるみの居場所に。ちょっとした癒し空間にもなっています。

まとめ

物が多いのが難点の我が家ですが、飾り物などを一ヶ所にまとめることで、それなりにすっきりと、しかも、どうしても処分できなかったお気に入りの物たちの居場所が確保でき、気分的にも◎
新しい収納家具などを購入しないで、以前から家にあったものを固定概念を捨てて再利用しながら、いかに有効に使うかがポイントです。視点を変えると意外な利用方法を思いついたりして、楽しく整理整頓できます。

photo by/mikimikimikipon

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

12

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
mikimikimikipon

音楽教室の先生と歌を歌う仕事をしています^^
子供3人とダンナが1人^^;老犬が1匹とネコが2匹、インコとカメと熱帯魚ちゃんが同居中ですf(^_^;
...