更新日: 2011-08-15 11:45:31

目覚めが悪い時、冷温シャワーで細胞を活性化する方法

著者: ライム

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 619

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

けたたましく鳴る
目ざまし時計を
ブチ壊したい衝動に
かられながら朝やっと起きる。

カーテンを開けて
部屋に朝の光を
入れたもののまだ
頭がボンヤしている。
シャキッとしないといけない
と思いつつもベットの
上でポッーする。

こんな事ではいけない。
今日は大事な会議が!
試験だ!
お見合いだ!
撮影会だ!

STEP1 こんな時はシャワーを浴びる

それもいつものシャワーでは
自分が少し熱いかなくらいのシャワーをまず浴びる。

STEP2 その後

自分が少しぬるいかなくらいのシャワーを浴びる。これを二回くらい繰りかえす。

STEP3 この熱め、ぬるめのシャワーを

浴びる事によってこんな効果がある。
熱めのシャワーでは血管が開き血行がよくなり、体にエネルギーが満ちる。
反対にぬるめのシャワーでは血管が引き締まる。

STEP4 この様に血管の収縮で

体に刺激を与えて
心身共にすっきりと目覚める。

まとめ

シャワーはいきなり頭から
かぶるのではなくて
心臓から遠い足先や手など
から少しずつ浴びるようにする。

ただし、心臓が弱い人や
風邪気味、体力が落ちている
など健康に自信のない人は
やらない。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

88

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ライム

旅が好きです☆

必要なもの

シャワー