更新日: 2011-09-17 10:11:03

市販の調味料を隠し味に使う方法

著者: miha3918michi

編集者: miha3918michi

閲覧数: 531

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by beve4

市販の調味料は子供が好む味が多いです。
味が濃いので隠し味に使うことをおすすめします。

STEP1 【和食】

『すき焼き専科』はほとんどの和食にかかせません。
甘くて濃い味ですが、他の調味料と合わせて使うと隠し味になったりします。このまま使ってたれにする場合は、一度火を通しましょう。

鍋焼きうどん、油いため、煮つけ、卵焼き、かつ丼(その他の丼もの)、揚げ出し豆腐のたれなど、使い方しだいで味がひきだせます。

STEP2 【中華】

Photo by y_ogagaga

『オイスターソース』『味覇(ウェイパァー)』は重宝します。
肉、野菜炒め、チャーハンなど、少量で中華風に変わります。
とても濃い味なので、入れ過ぎには注意しましょう。

STEP3 【調味料】

甘いのが好きだからといって、砂糖の使い過ぎや調味料の使い過ぎはいけません。
市販の調味料の分量は、メニューや好みにあわせて調整しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する