更新日: 2010-09-30 19:04:16

リーディングをする為のタロットこぼれ話 ⅩⅧ

著者: 冬春

編集者: 冬春

閲覧数: 269

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 冬春

 タロットカード一枚一枚にはそれぞれ意味があります。
 それを読み解く事をリーディングと言いますが、今回は月のカードの話。

 なお、あくまで一占い師の個人的解釈なので、妄信しないように。

STEP1  タロットカードのⅩⅧは月である。

 このカード、正位置と逆位置のどちらが良い意味になるでしょう?
 正解は逆位置。
 月にはルナティック【lunatic】という言葉があって、精神に異常をきたしているとか、常軌を逸していると言う意味がある。
 元々、月というのは身近に見える異界の象徴であり、それに囚われるという意味合いからこんな言葉が生まれたという。
 だから、このカードの正位置は狂気、逆位置は正気に戻るという意味になる。
 あと、正位置逆位置ともに精神的な意味合いを持っている事を忘れないで欲しい。
 見かけは健康だったり普通に生活していたり見えても、心の中はという暗示でもある。
 現代社会はストレス社会とも呼ばれており、よくこのカードが正位置で出て多くの人が心を病んでいると思い知らされるカードなのだ。

まとめ



 正位置 狂気
 逆位置 正気に戻る

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
冬春

福岡県に住む物書きのはしくれ

必要なもの

タロットカード