更新日: 2010-09-30 17:51:54

リーディングをする為のタロットこぼれ話 ⅩⅡ

著者: 冬春

編集者: 冬春

閲覧数: 225

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 冬春

 タロットカード一枚一枚にはそれぞれ意味があります。
 それを読み解く事をリーディングと言いますが、今回は吊り人のカードの話。

 なお、あくまで一占い師の個人的解釈なので、妄信しないように。

STEP1  タロットカードのⅩⅡは吊し人である。

 このカード、簡単に解釈するならば、正位置ならば束縛、逆位置ならば解放という感じだろうか。
 とはいえ、このカードの束縛は完全に詰んでいる訳ではない。
 同時に、開放されたとしても油断してはいけないという暗示でもある。
 何でそんな中途半端な解釈になると思う前に、人生をふと振り返ってもらいたい。
 そもそも、白黒勝ち負け幸運不運がはっきり決まる事の方がまれであり、中途半端な不幸や、ささやかな幸せに囲まれて人生を過ごしてきたのではないだろうか?
 このカードはそんな人生を暗示すると同時に、勝つにせよ負けるにせよ更なる努力を求めるカードなのである。

まとめ

吊し人

 正位置 束縛
 逆位置 開放

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

17

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
冬春

福岡県に住む物書きのはしくれ

必要なもの

タロットカード