更新日: 2011-07-30 16:27:13

初歩の作曲Popsを作る編

著者: penichillin

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 625

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by penichillin

初音ミクなどのボーカロイドの登場で、自分でも作曲してみたい!という人は多いのではないでしょうか。メロディはどうにかなるとして、そこから先困る、という方向けの作曲ガイドです。

STEP1 循環コードをやってみる。

ある曲のカラオケバージョンを聴いていて、違う曲のメロディで歌えちゃったりしますよね。「あいつの曲はいつも同じような展開だ」という会話もそういうことです。
逆に言うと、みんな同じようなコード進行で曲を作っているわけで、まずはそれを踏襲してみましょう。これはやっても「パクリ」とは言われない部類です。

C-Am-F-G7(古く定番)
80年代の小室哲哉に多い(add9などのテンションがつくけど)。TMの「Love Train」とか渡辺美里の「My Revolution」とかね。

C→G→Am→Em→F→C→F→G(カノンコード)
クラシックにも見られる進行。これ使っている曲は大量に見受けられます。

F-G-Em-Am(90年代のヒット曲に多い)
これもサビに多いですね。小室のてっちゃんだとglobeの「Feel Like Dance」とか華原朋美「I BELIEVE」とか。

STEP2 定番コードを少しだけ置き換える。

STEP1のコードに合わせて鼻歌でメロディを繰り返し歌ってみましょう。ぴたっと合えばそれでいいし、合わない場合は、そこだけコードを置き換えちゃいましょう。

STEP3 エンディングはちゃんと終われ。

終わりよければすべてよし、ということでメジャーに明るく終わりたければC、そうでなければAmで。STEP1で挙げた進行ならCで終わって欲しい。

まとめ

オケが決まれば、後は感性の勝負ですよ。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する