更新日: 2011-08-27 11:42:18

煮込み料理を焦がしたときの対処法

著者: mi_mo41

編集者: mi_mo41

閲覧数: 36761

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Atsushi Tadokoro

シチューやカレー、煮物などをつい焦がしてしまったとき、
ちょっとした対処法を知っていれば、
お料理をムダにすることも味が落ちることもなく、
おいしく食べることができます。

STEP1 コトコトお鍋で時間をかけて作るお料理

男性やお子さんに大人気なので、腕によりをかけて作りたいです。
でもついうっかり時間を忘れ、お鍋の底に焦げ付かせてしまうことも多々あります。

STEP2 でもこういう時こそ!

慌てずそのまま作り続けず、まず火を止めてお鍋を下ろします。

具がお鍋の底に引っついてもまだ焦げているわけではない場合や、
焦げているけどそんなに大したことがなかったという場合は、
まだ救済処置が取れます。

STEP3 必ずすること。

別のお鍋を用意し、焦げのついていない部分だけを移し替えて、
新しいスープや出し汁を入れなおしてから、作ります。
こうするだけで焦げ臭さをなくし、おいしく仕上がります。

まとめ

焦げ付きが大したことがなくても、そのまま続けて作ってしまうと、
焦げ臭いにおいがついて、おいしくなくなってしまいます。

お料理に失敗はつきものと思って
対処法を覚えておけば、失敗は抑えられます。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する