更新日: 2011-07-21 22:42:22

化粧直し時に テカリ抑え

著者: pisaka001

編集者: kumapis

閲覧数: 680

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by pisaka001

化粧直しのときにテカリを抑えますよね。
油取り紙を常備していれば問題ないですが、
もし忘れちゃった場合でも代用できる方法をご紹介。

STEP1 油取り紙があれば、油取り紙で油脂を抑えましょう。

押さえた上からプレスとパウダーで仕上げると、
ファンデーションを重ねるより軽く仕上がります。

STEP2 油取り紙がない場合、ティッシュでも代用可能です。

ティッシュで抑えた場合は、その後に保湿できるとベターです。
化粧も落ちやすいのでファンデーションで仕上げるのが良いかも。

STEP3

油取り紙もティッシュもない場合、ファンデーションパフを使います。
ファンデーションをつけずにテカリ部分を抑えましょう。
テカリが取れたらプレスとパウダーで仕上げます。
ただし、パフが汚れやすいので頻繁に使うのはお勧めできません。
あくまで緊急時に。

まとめ

抑えて、粉を直す。
これだけなんですが、抑え方によって粉も使い分けましょう。
化粧の落ち方によってもご自身でコントロールしてみてください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

102

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

・ファンデーション
・プレストパウダー
・ティッシュ(あれば)
・油取り紙(あれば)