更新日: 2011-09-27 12:45:03

夏のスーツの管理法

著者: shiro-chang

編集者: smap1

閲覧数: 1747

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ysishikawa

夏でもスーツ姿のビジネスマンはたくさんいます。ですが、炎天下にスーツ姿で出かければ、汗がスーツにも染みますよね。汗まみれになったスーツの管理方法を紹介します。

STEP1 【汗抜きをする】

スーツは水分を含むと型くずれしやすくなります。そこでポイントなのが、「1日分の汗を抜いて乾かす」ということです。

1.まずは固く絞った濡れタオルを用意します
2.次に、襟・背中・腰回りなど、汗をよくかいた部位を、タオルでトントン叩くようにして汗抜きをします

ゴシゴシこすったり、グッと押し付けないようにしてください。生地が傷んだり、スーツに水分が溜まったりしてしまいます。

STEP2 【干して水分を出す】

汗抜きが終わったら、ジャケットとパンツを別々にハンガーにかけます
室内の風通しのよい場所で一晩干します。干すことで、吸った水分を吐き出します。

STEP3 【素材は問わない】

スーツの素材は、大体はウール製、ウール+ポリエステルを使用したものです。仮に、麻や綿素材のものでも同じ方法で汗抜きができます。その他、ネクタイも可能です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

42

関連タグ:

sonoracさんのコメント

2011/08/16 08:53:07

うちの主人はスーツの上着は脱いでいることが多いですが、ズボンの腰周りが気になっていました。やってみます。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する