更新日: 2011-07-26 15:23:45

子供を虐待しそうになった場合

著者: binos

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 1614

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ajari

最近、子供を虐待する親が増えていますね。

とても心が痛い問題だと思います。

どうして子供を虐待するんでしょうか?

それはきっと、本人でも分からないかもしれません。

STEP1 ◆子供を虐待していると自分で気付いた場合

子供のために子供を手放す勇気も持って欲しいと思います。
子供は親を選べません。産みたい、育てたい、とお腹に命が宿った時に感じたはずです。
でも、子供を育てていくということは簡単なことではありません。一人の人間なんですから。

可愛いとは思っていても、どうしても暴力をふるってしまう場合、近くにいる信頼できる自分よりも上の方に相談してみましょう。

そして、自分でどうしようもないと思ったら児童福祉施設にも相談するべきです。
尊い命を奪ってしまったりする前に、手放す勇気も必要なんです。

STEP2 ◆本当に子供を育てていけるのか

これはお腹に入った時に、真剣に向き合わなければならない問題だと思います。
過去、中絶を散々悪く言っていた大人たちがいます。ですが、実際問題、生まれてきてから虐待を受けて死んでしまっている幼い子供たちがたくさんいるのも事実です。

中絶はいいこととは言いません。命を殺してしまうのですから、殺人と一緒です。でも、この世に生れ出て愛する母親の手によって、苦しんで殺してしまうのはどうなんでしょうか?

本当に育てていけるのか、どうなのか。
しっかりと自分自身、彼、親御さんと向き合って話し合い、どうしても無理だと思うときには中絶するのも仕方ないのではないかと私は思います。

まとめ

子供はお人形ではありません。

親になる以上、その子が大人になるまではその子に対しての責任を感じて生活していかなくてはなりません。

もっとしっかりと足を地に着けて親になってほしいと思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

81

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
binos

色んなことに興味があるアラフォーです♪

気持ちは若い頃から変わっていないのに、気付けば
もう中年のイキ…

でも、まだまだこれからですよ~!!...