更新日: 2011-08-11 13:13:38

革や靴の手入れの仕方

著者: shiro-chang

編集者: shiro-chang

閲覧数: 276

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by colt_nagoya

革、小物、靴の手入れ方法を紹介します。

STEP1 【ブラッシングしよう】

コート・スーツ・シャツ・帽子・手袋などをブラッシングすることで、汚れ方を少なくすることができます。また、ニットをブラッシングしておけば、毛玉防止になります。

ブラッシングする時は、上から下へ、毛の流れに沿って行うのが基本です。
汚れが目立つ部分は、一旦、毛の流れに逆ってかけます。その後、仕上げに流れに沿ってかけます。

STEP2 【湿気を飛ばそう】

シャツやスーツは、湿気を帯びると型崩れしやすくなります。脱いだらすぐにハンガーなどにかけ、形を整えて休ませ、湿気を飛ばしましょう。

靴も同様、まずは新聞紙や除湿剤で靴中の湿気を取ります。
その後、シューキーパー等で型崩れを防ぎましょう。

アクセサリーやバッグなどの小物は、肌に触れる部分をやわらかい布で拭いて、汗や皮脂を取り除いておくと黒ずみを防止できます。

STEP3 【長持ちさせるポイント】

汚れが付いても放っておいたままにしておくと、汚れは倍増していくばかりです。また、こびりついた汚れは、元の素材を急速に傷めてしまいます。

付いた汚れは早く取り除き、湿気を残さないようにしましょう。毎回、洗剤を使って洗うのは大変なので、普段は、埃を払い落して湿気を取り除く程度でOKです。また、連日使用を出来るだけ避けるのも1つの手ですよ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

28

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する