更新日: 2011-08-09 09:20:45

ゴーヤの苦みを取る方法

著者: xin_chao5109

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 892

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by puffyjet

暑い季節に食べる、沖縄の代表的な野菜。
「ゴーヤ」

美味しい!でも、苦い!と好き嫌いが二分化している野菜かもしれません。

もう少し、苦みが抑えられるともっと食べられるのになぁと思っている方に
簡単苦み取りをお教えします。

ぜひ、参考にしておいしく栄養たっぷりなゴーヤを食べてみてください!

STEP1 苦味とり

通常、ゴーヤの苦み取りは塩揉みして、水にさらすステップだと思います。

しかし、もう一つここに加えるステップは「レンジでチン」です。

種を取り除いたゴーヤをラップに軽く包んで、レンジに1分30〜2分ほどあたためます。

そして、取り出したら、氷水で急速に冷やします。

STEP2 塩もみ

そして、気になる方はさらに塩揉みをします。

すると、本当に苦みがなくなっているのです。

ゴーヤ本来の苦みが好きな方には少し、苦みが足りないほど。
そういう方はレンジで温める時間を短くするといいかもしれません。
30秒ほどなら、程よい苦みも残ったままだと思います。

まとめ

かつおぶし

ゴーヤの苦みが大好きだから、わざわざ苦みを取りたくない!という

強者の方にオススメの調理方法があります。

それは「かつおぶし」をたっぷり加えることです。
かつおぶしに含まれるうまみ成分がゴーヤをまろやかにしてさらに美味しさをアップさせてくれます。


栄養素が豊富なゴーヤ、自分の食べやすい下準備でたくさん摂取しましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ゴーヤ

氷水

レンジ


かつおぶし