OKWAVE Guide 印刷用:部屋を広く見せる方法|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 20110802172858

必要なもの
低めの家具、フリースペース、脚の細い椅子やテーブル

部屋を広く見せるちょっとした工夫があります。
さっそく試してみてください。

【ステップ1】

狭い部屋に背の高い家具があると、圧迫感を感じさせてしまいます。背の高い家具よりも、低めで横に長い家具を選んだほうが部屋に広がりが生まれるのです。
ソファや椅子の背もたれも、高めのものより低めのものを選びましょう。置いたときに、部屋を広く感じさせます。

部屋の入り口のドアを開けたとき、ちょうど死角ができます。どうしても背の高い家具を置くときは、その死角に収めるといいでしょう。また、奥に背が低くて小さいものを置くことで、圧迫感のない広々とした印象の部屋に見せることができます。

【ステップ2】

部屋の全体のベースとなる色を決めてください。色は壁に近い色がいいです。例えばアイボリーの壁ならば、家具や家電、カーテンなども白っぽいもので統一するのです。これだけで、部屋全体がすっきりスムーズな印象になり、広く見せることができます。

家具だけでなく、小物にも統一感を持たせましょう。
見えているものの材質や色がそろっていると、ゴチャゴチャせずにすっきり見えるのです。クッションや額などの小物はいくつか集めておき、布地や色、フレームの材質などをそろえましょう。

自然素材のものと、そうでないものが混在していると、すっきりした部屋にはなりません。ものを飾り過ぎないことも大切です。

【ステップ3】

壁や床の一角に何もないフリースペースを作ってみましょう。部屋全体をすっきりとした印象に見せることができます。とくに壁は、1面だけでも壁全体が見えるようにすると、広がり感が増します。
床はできれば部屋の真ん中にフリースペースを作りましょう。奥行き感が出て、部屋を広く見せるのに効果的です。

家具はコーナーや壁に集中させて置き、オープンスペースを作りましょう。極力デッドスペースを生まないようにすることも大切です。
椅子やテーブルは、脚の細いものを選ぶといいでしょう。

【ポイント】

まめな掃除も大切です。
家具のサイズをそろえるとゴチャゴチャした感じになりません。

Photo by 著者