更新日: 2011-08-01 06:19:05

男性が愛する人との結婚に二の足を踏む理由とポイント

著者: midori3188

編集者: midori3188

閲覧数: 1722

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Shinichi Haramizu

付き合いも長く、お互い愛し合っているのに中々男性が結婚に踏みきってくれない、という人も多いかと思います。結婚に踏み切れない男性にはそれなりの理由があるものです。

今回、男性が愛する人との結婚に二の足を踏んでいる理由とポイントを紹介します。理由があるから結婚できない、とは思わずに理由を知って、譲れるところは譲り、結婚に近づく努力をもう少しやってみるヒントにしてみてはいかがでしょうか?

STEP1 理由その1:束縛されたくない

浮気願望があるのではなく、交際段階の時点で彼女が浮気に対して敏感になっている(携帯電話のメールや着信を気にする、飲み会に女性がいるかどうか気にするなど)為、結婚ともなると、全く気の無い友人の女性や仕事上の都合で取引先の女性と食事に行ったり飲みに行ったりすることを許して貰えないと思い、結婚に対して億劫になってしまう傾向にあります。

男性からするとあらぬ浮気の疑惑は正直、不愉快であり、とは言え愛する彼女の為、毎回疑いを晴らすため全て彼女に合わせる、というのは長い結婚生活の中でストレスのもとになるのは目に見えています。

男性の帰りを待つ女性からすると、浮気は常に気になるものです。しかし、それを前面に押し付けるのではなく、男性が自由になれる時間を作ってあげることが、結婚への実現に近づかせるポイントと成り得るでしょう。

STEP2 理由その2:経済面が不安

趣味に興じるお金は確保したい、や、フリーランスや派遣で仕事をやっているので将来が不安定の為、安定した収入を十分に得られるまで、結婚はできないと考えている男性が多い傾向にあります。これは、家族を守るという責任の現れであり、女性に対する気遣いであるとも言えます。

しかし、昨今の不景気の中、給料は上がらず仕事ばかりが増えている厳しい社会となっています。男性のみに財力を頼るだけでなく、夫婦そろって分担して、生活を安定させていく選択は時代に即しているとも言えます。協力し合って行くことは、結婚への実現に近づかせるポイントと成り得るでしょう。

STEP3

理由その3:結婚してもしなくても変わらないと思う

何も変わらないのであれば、結婚してもよさそうですが、結婚することで、彼女と自分だけの話ではなくなり、双方の親族との付き合いや気遣いが発生し面倒と思う傾向にあります。また、結婚となると結婚式だの何だのと準備の時間やら金をかけることになり、それならば今の楽しい時間にもっとお金や時間を費やしたいと思い、今の楽しい生活で十分なのに、少し面倒な結婚をするのは二の足を踏んでしまうというのが現状です。

多少、男性のわがままにもとれますが、女性との今の生活に満足し、更に楽しい生活を望んでいるのは確かです。結婚には当事者以外の親族との関係も絡んできますが、家族を作り上げるという今の生活にはない楽しい時間を過ごせる場でもあります。将来のことを少しずつ話し合って行くことで、二人だけの生活だけでなく家族を作りあげることに目標を持たせるようにすることで、結婚への実現に近づかせるポイントと成り得るでしょう。

まとめ

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

41

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
midori3188

楽しいもの、為になるガイドを提供できるようにしたいと思っています。よろしくお願いします。