更新日: 2011-07-27 17:02:17

改修工事中の姫路城の楽しみ方

著者: しろゆきひめ

編集者: しろゆきひめ

閲覧数: 2606

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by しろゆきひめ

姫路といえば世界遺産「姫路城」。でも、今、姫路城は改修工事中で外観を見ることは出来ません。その代わり、滅多に見ることの出来ない、お城の改修工事を間近に見ることが出来ます。そこで、今だけの「姫路城」の楽しみ方をお届けします。

STEP1 改修工事中の姫路城を楽しもう!!

Photo by しろゆきひめ

今、姫路城の周りは大きな壁で囲われていて、足場が組んであります。
その中に入って、エレベーターで上まで上がり、屋根や壁の補修作業を同じ目線で見ることが出来ます。
姫路城の中は、大阪城や名古屋城とは違い、エレベーターなどは設置されておらず、木造のまま保存されていますので、内部を見学するためには、急な階段を登らなければいけません。そのため、通常は、車椅子の人や足腰の悪い人は天守閣まで登れませんでした。
でも、今なら、そういう方々でも楽しんで頂けます!

入場予約は下記HPから出来ます。
http://himejijo-syuri.jp/

一度に登れる人数が決められていますので、予約をしていけば確実ですが、当日でも、人数が満員でなければ、入場することは出来ます。

STEP2 観光案内所を活用しよう!!

新幹線やJRで姫路に行く人は、まず、JR姫路駅の中央口を出て、正面右手にある、「姫路観光なびポート」に寄ることをオススメします。
ここでは、観光パンフレットやいろいろな地図を入手することが出来ますし、担当者や観光ボランティアに質問したり、話を聞くことが出来ます。
また、レンタサイクルや車椅子の貸し出しもあります。

山陽電鉄で行く人も、少し遠回りになりますが、改札口を出て右側に進むと陸橋がありますので、そこを通ってまっすぐ進めば、5分程度でこの観光なびポートに着きます。

【参考】http://www.himeji-kanko.jp/search/index.php?act=detl&id=77

車の人や、山陽電鉄で行って遠回りしたくない人は、下記の観光情報HPを参考にしましょう。
【ひめじ観光ナビ ひめのみち】http://www.himeji-kanko.jp/ 観光パンフレットを郵送で取り寄せも可能

STEP3 姫路城の周辺施設も充実!!

Photo by しろゆきひめ

観光パンフレットをゲットしたら、いざ姫路城へ。
大手門をくぐり、三の丸広場へ。
春なら桜、秋なら紅葉が楽しめます。

「天空の白鷺」を堪能したら、是非、周辺施設にも足を伸ばしましょう。
【徒歩圏内にある施設】
・姫路市立動物園…大人200円、子供30円という激安料金にも関わらず、かなり楽しめます。
・好古園…日本庭園の中でお茶席も楽しめます。
・姫路市立美術館…旧陸軍の倉庫を活用した赤レンガ造りの美術館。
・兵庫県立歴史博物館…十二単、鎧かぶとの試着もできる。
・日本城郭研究センター…お城好きにはたまらない情報が満載。
・姫路文学館…安藤忠雄設計のユニークな建物。

まとめ

姫路城周辺施設へは、のんびり散歩しながら、景色を楽しみつつ、まわるのがオススメですが、歩くのはちょっと、という人には、便利なループバスもあります。
1回大人100円、子供50円で乗れます。
お徳な1日乗り放題の1日券(大人300円、子供150円)もあるので、活用を!!

詳しくは→ http://www.himeji-kanko.jp/access/traffic.html

Photo by 著者

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

55

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する