更新日: 2011-08-22 12:00:14

漢字の読みを知らなくても、高確率で読みを当てる方法

著者: 朝焼けと煙

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 915

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Kanko*

最近は、勉強もののバラエティー番組が多く流れてますね。あそこまでではなくても、仕事で資料などを音読する時に、難解な漢字があったりすると困惑してしまうものですよね。100%とは行きませんが、意外に当たる読み方予測法をご紹介。

STEP1 知らない漢字

に遭遇したら…

STEP2 まず「部首」と「つくり」

を分けて見てみましょう。そして「つくり」の方に注目。

STEP3 その「つくり」自体も

一つの漢字になっている、また、別の意味で用いる漢字のつくりがその漢字にも使われている場合、その漢字の音読み自体が、元の漢字の読みと同一である場合が多いのです。

STEP4

分からない漢字の読みは、いちかばちか「つくり」に頼ってみるのも、一つの手なのです。合っている確率が高い上、「漢字は知らないが、頭の回転が早い」人だと思ってもらえ、「ただ学識の無い人」とは見られなくなります。

まとめ

儀→(ぎ…義) 儂→(のう…農) 棺→(かん…官) 瓉→(さん…讃) 燠→(おう…奥)etc...

※確実だと断言できるものではありません。悪しからず。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

36

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

応用、柔軟さ、アドリブ性