更新日: 2010-09-29 17:58:34

たくさんの洗濯を上手にこなす方法

著者: 豆柴モモ

編集者: 豆柴モモ

閲覧数: 288

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Skyriser / Lix

中学生や小学生の子供がいて、お父さんも毎日汚れて帰ってくる。
とにかくすごい洗濯ものの量!

そんなときには合理的に洗濯をこなしていきましょう。

STEP1 まずは洗濯は仕分けておきます。

洗濯ものを出すときに、入れ物を分けてみんなに周知徹底しておくこと。

なるべく手はかけずに作業をすませましょう。

・タオル類
・汚れもの
・大切な衣類

と3つくらいに分けてもらうこと。
難しければ、大切なものだけでも別にしておきましょう。

STEP2 洗濯を干すスペースによって洗濯する順番を考えます。

広い庭で問題なく干せる場合は大丈夫ですが、ベランダなどで限りがあるときは注意。
タオル類はスペースが狭くてもタオル干しがあればなんとでもなります。

つまり後から干しても大丈夫ということです。
後から干すものは最初に洗濯しましょう。

最初に洗濯したものが洗濯かごの一番下に入るからです。

STEP3 最初に干すものは最後に洗濯する。

そのことを気にしながら洗濯しましょう。

ただし、洗濯しながら干すことができるならば仕分け通りに洗えば大丈夫です。

STEP4

風呂水を使って洗濯をしている場合には、風呂水(少し暖かい)でしっかり汚れを落としたいものを先に洗います。

おしゃれ着洗いなどは風呂水は使えない洗濯機が多いので後回しです。

STEP5

特に乾きが悪いものは先に干しておくこともお忘れなく。

まとめ

干す順番を考えながら逆の順番で洗っていくこと。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

61

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
豆柴モモ

埼玉在住の「豆柴モモ」です。

・メーカー勤務
・メルマガライター
・行政相談業務
・ミステリーショッパー

などなど経験。「知識は浅く広く...

必要なもの

仕分けカゴ