更新日: 2011-08-31 14:00:07

酢やクエン酸パワーで夏バテや疲労から回復する方法

著者: pu4214

編集者: pu4214

閲覧数: 1798

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ysishikawa

夏バテ等の疲労が蓄積しやすい季節ですが、食べ物から疲労を回復する方法をご紹介致します。

STEP1 甘いものと疲れの関係

疲れた時には、甘いものが食べたくなります。甘いものは血糖値を上げるので、体の疲れは和らぎますし、精神的にも癒されることができます。しかし、甘いものには、糖質の分解や代謝に必要な要素少ないので、糖質がうまく分解できずに、その糖質が疲労物質である乳酸に変わり、乳酸が体内に体内で蓄積するという結果を招きます。そして甘いものを摂取することで、疲れを感じてしまうことにもなるのです。

STEP2 酢のものやサワードリンクで乳酸を分解

体内に蓄積した乳酸を分解して疲れをとってくれる効果があるのが、酢などに多く含まれるクエン酸という成分です。お酢のドリンクや「酢の物・マリネ等」でクエン酸の補給をするのも、乳酸の分解に効果的です。そして食事の時には、おかず等に直接少量のお酢をかけるだけでも、手軽にクエン酸が補給できます。ちなみにラーメンにお酢を入れても、サッパリした味になり美味しくなります。

STEP3 酢の他にクエン酸を多く含む食品

柑橘類、パイナップル、キウイ、梅、などがあります。

まとめ

疲れた時は甘いものを食べたくなる傾向ありますが、それを酢に変えることで本質的に「疲労回復」をすることが可能です。是非皆さんもお試しください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
pu4214

好きなジャンル:
ファーストフード・病気・健康・
法律関連・各種資格講座・
行政業務関連・写真・カメラ・
ファッション・観光地…



幅...